成長期を応援!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

将来、世界で活躍する選手たちを応援!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.728
サッカー少年の熱い戦いを応援!
どうぶつシリーズ
元バレーボール日本代表 益子直美さん 第1回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
http://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
サッカー少年の熱い戦いを応援!

ゲスト さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。



2017年7月、今年も『明和地所presents 第3回ジュニアフットボールフェスタ CLIO Cup 2017』が長野県は軽井沢風越公園グラウンドにて開催され、スクスクのっぽくんもサポートして参りました。



今年も、カテゴリをU10(10歳以下)とU12(12歳以下)に分け、U10は7月15〜17日、U12は7月25〜27日の計6日間に渡り、発起人である神保慶太氏の「将来、世界で戦うために小学生のうちに本物の欧州サッカーを体感してほしい」という思いに賛同した強豪22団体により、大会は盛大に開催されました。



爽やかな高原の空気の中、状態の良い人工芝のグラウンドで行われた大会は大盛況。今年もパスをつなぐ意識が高いチームが多く見受けられ、レベルの高い試合の連続でした。



日程のほとんどは日差しの強い晴れに恵まれましたが、途中、山の天気らしい突然の雨が降ることもありました。その中でも、風越公園の人工芝の状態は非常に良く、各チームとも技術力の高いサッカーで観客をわかせました。



U10、U12とも、大会の最終日に優秀選手が発表されました。秋〜冬にかけて、その選手達を主体とした選抜チームによってU10⇒ドイツ・オランダ遠征、U12⇒スペイン遠征が予定されています。

スクスクのっぽくんは、引き続き、遠征もサポートして参りたいと思います。

『明和地所presents 第3回ジュニアフットボールフェスタ サマーチャレンジ CLIO CUP 2017』の大会レポートの全文はこちらから!

将来のための栄養習慣を応援! スクスクのっぽくんでは、成長期のための毎日の栄養摂取のプラスアルファとして、カルシウムグミの活用をオススメしています。

美味しく続けやすくカロリー控えめなスクスクのっぽくんオススメ製品を、大切な成長期の不足がちな栄養補給に是非ご活用ください。

★詳しくはホームページよりご確認いただけます♪
http://www.calciumgumi.jp/

スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram
どうぶつシリーズ

今週の家トレは【どうぶつシリーズ】。
テーマは「背骨」です!

生命が誕生し、海から陸へ、そして4足歩行から2足歩行へと生物は進化していきました。

何万年、何百万年もの時間を経て体は環境に適応していきましたが、2足歩行以降、人間となってからの生活環境の変化はその骨格の変化スピードに比べ、とっても急激なものであると感じます。

今回はそもそもの背骨の動き、普段の生活において失われている背骨の動きを取り入れることでコンディションを図ってみようと思います。

≪うちトレ1・まずはクマさんになりましょう!≫
~オンラインレッスンNo.74「クマさん」より~
もっともオーソドックスな4足歩行のスタイルです!
背骨を左右に動かす動きが普段の生活にはない動きですので、しっかり膝を上体に近づけるようにして大きく歩いてみましょう♪

≪うちトレ2・速く動けるかな?≫
~オンラインレッスンNo.95「トカゲさん」より~
さらに背骨を左右に動かしていきます!
トカゲの動きをよくイメージしてしっかり左右に動かしていきましょう。
またしっかり膝と肘をつけるようにして前へ前へと進んでみましょう♪

≪うちトレ3・ちょっと変わり種!≫
~オンラインレッスンNo.75「クモさん」より~
この動きはちょっとイレギュラーですが、普段全くやらない動きですので試してみましょう!
普段の生活は体の前面を使っていく動きが多いのですが、このクモ歩きは身体の背面をたくさん使う動きですので意外に難しいです!!

今週のうちトレはいかがでしたか?
お散歩している犬の動作を見ると背骨がすごく左右に動いているのがわかると思います。

進化の過程で構造は変わっている部分もありますが、変わっていない部分も多くあります。
本来持っている関節の動きをまんべんなく行うことでケガの予防にも繋がりますのでぜひぜひトライしてみてくださいね!

次回もぜひお楽しみに♪
【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁が、無料サンプルプレゼント中!


「どんな辛い状況でも「自分がやる!」と 決めたことを続けられたことが、今の私の軸になっています。」(益子直美さん)

スクスクのっぽくんは、「子どもたちに心も体も大きく成長してもらいたい!」との願いをこめて、様々な著名人の方々に子供時代の過ごし方やアドバイスを伺っています。今回は元バレーボール日本代表選手の益子直美さんへのインタビューをご紹介致します!
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

益子直美さんプロフィール
1966年東京の下町、葛飾に生まれる。 中学時代からバレーボールを始め、高校時代は名門共栄学園のエースとして活躍。高校3年の秋に全日本代表入りを果たす。当時、益子からとった愛称「マコ」ちゃんとしてバレーボールファンのみならず、その美貌と高度なバレーセンスで元祖アイドルアタッカーとして全国に名をはせる。現役引退後、1年間のアシスタントコーチを経て芸能界に転進。スポーツキャスターはもちろん、そのほか様々な分野でマルチに活躍している。
マンガにあこがれて入部した部活

ー中学校時代からバレーボールを始められたそうですが、きっかけは何ですか?

「マンガ『アタックNO・1』が好きだったから選んだバレーボール部でしたが、練習は想像以上に厳しいものでした。毎日の朝練と、体育館と外での練習が日々交互に行われ、休みは年に3日ほど。「部活をやめたい」と思ったこともたくさんあります。」

ーそんなに厳しい部活を続けられた秘訣は?

「そんなときに母に必ず言われたのが「そんな大変ならやめちゃいナ!」というセリフ。負けず嫌いの私は「やめろって言われて簡単にやめるもんか!」と奮起して頑張るのですが、今思えばそれこそ母の計算通り。うまく手のひらの上で転がされていたなと思います(笑)」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
鎌田貴俊
★ご意見・ご感想は★
このメールに返信していただければ、私に届きます♪
身長にまつわる情報、お待ちしておりま~す。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

2016年BACKNUMBER

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る