成長期を応援!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

スポーツを頑張るお子様からの声、届いています!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.749
今月のお客様の声
筋肉トレーニング
フリースタイルモーグルスキー選手 伊藤みきさん 最終回
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
http://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
今月のお客様の声

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

カルシウムグミをはじめ、スクスクのっぽくんの栄養補助食品は、発売以来全国で多くの子供達の成長期を応援してまいりました

今週は、そんなご愛用者の皆様から届いた元気な声の一部をご紹介します。


テニスのために、カルシウムを積極的に摂っています!
カルシウムグミは種類があり、それぞれが濃すぎず飽きない味で、長く続けていけそうです。 これから成長期を迎え、摂らないといけない栄養が増える中、カルシウムや鉄分、ビタミンなど手軽に補えるグミはありがたいですね。
・晋之介くん(10歳)/カルシウムグミご利用の声

バレーボールを始めて、食生活を見直しました
カルシウムグミはサプリだけど抵抗なく、おやつのように美味しく食べています。バレーボールのため食生活を見直し、6年生になってからはチームのエースアタッカーとして大会に出ています!
・俊介くん(11歳)/カルシウムグミご利用の声

食卓に置いています!
中学3年生になった息子が食べています。部活が忙しく、食べるのを忘れてしまわないように食卓に置いて、食前に食べるようにしました。カリカリ美味しそうです。
・ゆゆさん(41歳)/カルシウムグミご利用の声
長く続けていけたらいいな
2歳6ヶ月の娘は小食で偏食…野菜不足を解消したいと思い、こどもフルーツ青汁をフォローアップミルクに入れて飲んでいます。「バナナの味飲む?」と言うと「うん!」と飲んでくれます。
・りなママさん(2歳)/こどもフルーツ青汁ご利用の声
色々な青汁を試してきましたが…
次女が全く青野菜を食べてくれず、お弁当も黄色と茶色のオンパレード。毎朝のこどもフルーツ青汁をきっかけに少しでも野菜を口にしてくれたらと期待しています!
・茶和茶碗さん(40歳)/こどもフルーツ青汁ご利用の声

将来のための栄養習慣を応援! 今月もとっても元気で愛らしいご感想の声をいただきありがとうございました!
スクスクのっぽくんでは、成長期のための毎日の栄養摂取のプラスアルファとして、カルシウムグミの活用をオススメしています。

美味しく続けやすくカロリー控えめなスクスクのっぽくんオススメ製品を、大切な成長期の不足がちな栄養補給に是非ご活用ください。

★詳しくはホームページよりご確認いただけます♪
http://www.calciumgumi.jp/

スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

↑お友達とご一緒に!ご紹介キャンペーンはこちら!
筋肉トレーニング

今週は少しきつめの筋肉トレーニング!!
より大きな筋肉をつかって、軸がぶれない体にしていきましょう!
電車の中で姿勢が悪かったり、急ブレーキでぐらついたりしないように体幹を鍛えるトレーニングです!

≪オンライントレーニング1・お腹と背中≫
~オンラインレッスンNo.79「XV」より~
腹筋と背筋両方を一度に鍛えます。
バランス良く効率よく鍛えていきましょう。
Xの時、反り過ぎて腰を痛めないように注意して下さい。

≪オンライントレーニング2・側面≫
~オンラインレッスンNo.47「サイドブリッジ」より~
見落としがちですので、ここでしっかり体の側面もトレーニングしましょう!!
体は3次元で動いてますから、前後・左右・上下に見ていきましょう。
体の側面にもたくさんの筋肉がついています。

≪オンライントレーニング3・体幹≫
~オンラインレッスンNo.52「ダイアゴナル・スペシャル」より~
体幹部をさらに鍛えます!
手足も使うのですが、それよりも上半身を意識して力を入れていきましょう!
四肢よりも上半身のコアを意識します。

今週のオンライントレーニングはいかがでしたか??

程良い筋肉痛になるようトレーニング!!
やった後の爽快感と解放感を楽しみましょう。
気分もしゃきっとして姿勢ももっと意識できるはずです。
【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁が、今なら無料サンプルプレゼント中!


「とにかく緊張したとしても、緊張している自分を認めてあげればいいんです」(伊藤みきさん)

モーグル女子日本代表として、2006年のトリノ五輪と2010年のバンクーバー五輪に出場した伊藤みきさん。伊藤さんの姉と妹もモーグルの選手として活躍しており、日本スキー界で“伊藤三姉妹”は有名な存在。両親からどんな教育を受けたのか、伊藤さんにお話を伺いました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

伊藤みきさんプロフィール
高校教師の両親の下、滋賀県蒲生郡に生まれる。3歳のときにスキーを始め、高校2年生でワールドカップ入賞。高校3年生のとき、トリノ五輪出場。20位。2006年中京大学に入学。全日本選手権で2冠を達成。2010年バンクーバー五輪出場。12位。 2010年北野建設入社。
五輪で学んだこと

ー2010年バンクーバー五輪は、伊藤さんにとって2度目の五輪でした。どんな大会でしたか?

「バンクーバー五輪のときは、決勝に残れるかが決まる予選の方が怖かったんですよ。『もし予選で落ちたら、現地まで来てくれた人に申し訳ない』ということが頭によぎって、観客の人の方に吸い寄せられてしまって……。予選ではあんまりいい状態で滑れなかった。けれど、決勝になったら、『私はこの1本でスキーを辞めるわけではない、次の五輪に向けた4年間の始まりの1本だ』と考えることができたんです」



ーすごくいい気持ちの切り替えができたんですね。

「だから、たとえ転んでも、始まりなんだから起き上がって進めばいい、と。最後に転んだら厳しいけど、始まりならいくらでも挽回できますよね」

ー2014年のソチ五輪に向けて、どうすごしていきたいですか?

「ソチでは、トリノ五輪とバンクーバー五輪で得たものの集大成にしたい。すごく大事な3年間になると思います。自分の期待をいい意味で裏切って、想像以上のものを生み出したいですね」

ーいい意味で裏切るというのは?

「ここではコケへんやろっていうところで1回コケるのも、イメージを壊して次にいけるステップになると思う。たとえば階段を登るときに、不安定になるのを恐がって慎重になるのではなく、前に一歩踏み出して前に転びたい」

ー長い目で見たら、それは失敗ではないわけですね。

「まわりが失敗だと思っても、自分は目標のためにやっていると考えてやりたい。結果を出すべきところで出す選手になりたいんです」

ー目先の評価でブレるようなことはしたくないと。

「はい。もしかしたら相当しんどいことかもしれないけれど、最終的に良かったと思えるんだったら、今はどんなことでも耐えられる。『嫌やな』っていうことがあっても、全部ソチのためにって思うようにしています」

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
http://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
http://www.suku.jp/account/cancel

2017年BACKNUMBER

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る