成長期を応援!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

【新発売】こども食育グミをリリースいたしました!
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.758
【新発売】こども食育グミをリリースいたしました!
【動画】姿勢力・運動能力を向上させる背筋トレーニング
バスケットボール元日本代表選手 竹内公輔さん インタビュー第2回
【新発売】こども食育グミをリリースいたしました!

皆さん、こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

成長期に不可欠な栄養素のバランスを考えて開発し、皆様にご好評いただいている『カルシウムグミ』。

ご愛用してくださるお客様から、

「下の兄弟にも食べさせたいので、もう少し柔らかいタイプのグミも作って欲しい」

「子供に栄養を取らせたいけれど、まだ小さいので、幼児でも食べられるグミが欲しい」

というご意見が寄せられておりました。

そこでスクスクのっぽくんでは、ご愛顧くださる皆様のご要望にお答えし、ソフトタイプの『こども食育グミ』を開発いたしました!



<幼児期のお子様の体の基礎づくりをサポートするための3つのポイント>

★骨を作る栄養素であるカルシウム・ビタミンD・コラーゲン
★身体を内側から強くする乳酸菌
★お子様に摂ってほしい5種の野菜パウダー


さらに、ママたちの声を取り入れてキシリトールも配合。

カルシウムグミでも大切にしている、「噛む力」をつける適度な弾力のあるおいしいぶどう味のグミに仕上がりました。



こども食育グミ』も、無料サンプルを配付中♪

この機会に、ぜひお試しください!
スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

↑お友達とご一緒に!ご紹介キャンペーンはこちら!
春の新入学・新学期応援キャンペーン

今!『カルシウムグミ』の定期購入をスタートした方限定
お子様の健やかな成長をさらに応援する「こどもフルーツ青汁」を1箱プレゼントいたします!

期間:2018/4/1〜2018/4/30

こどもフルーツ青汁シリーズの定期購入を始めた方には、すぽーつ麦茶を1箱プレゼント。こちらはBCAAやチロシンを配合。新しい環境でスポーツや勉強を頑張るお子様にぴったりです。

のっぽくんのオススメ商品をお得にご利用いただけるこの機会に、ぜひ新しい栄養習慣を取り入れてお子様の成長にお役立てください♪
スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※ご注文・ご変更:9:00~21:00(年中無休)/ご質問など:9:00~19:00(土日祝休)
【動画】姿勢力・運動能力を向上させる背筋トレーニング

今回紹介する運動は、「肩の高さを整えるストレッチ体操」です!

新しい学年になり、もうすぐ1ヶ月が経ちますね。
姿勢を良くして勉強するぞという意気込みの中、

「肩の高さが左右で違う気がするなぁ・・・」

というお悩みをお持ちの方が多いようです。
肩の高さの違いは、体や姿勢の歪みからきている場合がほとんどです。
今まで気にしたことがなかったという方も、この機会に鏡などで確認してみてくださいね。

これももちろん、運動で整えていくことが出来ます!

肩の高さは、体の側面の筋肉をしっかりと働かせ、背骨を横から支えることで整えることが出来ます。
早速、体の側面の筋肉を動かすストレッチを行って、筋肉を刺激してみましょう!

【オススメ】
運動にも野菜パワーを!野菜不足・野菜嫌いのお子様にオススメ! 美味しく飲みやすいこどもフルーツ青汁が、今なら無料サンプルプレゼント中!


「最大の僕の夢は、バスケットボールの人気を上げることです。まずは日本代表を勝てるようにしたい。」(竹内公輔さん)

バスケットボール天皇杯で3連覇を果たし、日本男子バスケ界黄金世代の一つである「竹内世代」としてその名を残す人物。身長205cmという高さを生かしたプレーで、双子の弟・譲次さんとともに日本代表で活躍された竹内さんに、いつ背が伸びたのかといった身長の話や、バスケットボールの話を中心にお話を伺いました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

竹内公輔さんプロフィール
1985年1月29日、大阪府吹田市出身。 身長205cm、体重98kg。中学3年からバスケットボールを初め、洛南高校3年生のときには双子の弟・譲次とともに国体で優勝。慶応大学総合政策学部に進学し、卒業後に日本バスケットボールリーグのアイシン・シーホースとプロ契約を結んだ。大学時代から日本代表として活躍し、2013年にはNBLオールスターに選出。2014年、広島ドラゴンフライズへ移籍し、この年にチーム史上初のオールジャパン決勝進出に貢献し自身もベスト5に選出。
『ドカベン』を食した高校時代

ー子供のときにはかなりの量を食べていたということですが、お弁当も大きかったのですか?

「高校時代の弁当のサイズは、すごかったですよ。面積も大きかったし、厚みが普通の弁当箱の3倍くらいありました」

ーまさにドカベン。お母さんは大変だったでしょう?

「うちは双子の弟がいて、2人分作らなきゃいけなかったので、かなり大変だったと思います。本当に感謝しています」



ー牛乳はよく飲んでいましたか?

「ちょっと僕は、ややこしいんですが、紙パックに入っている牛乳は苦手なんですけど、ビンに入っている牛乳は飲めるんですよ(笑)。だから、家の牛乳は紙パックだったので飲まなかったんですが、小学校ではビンだったので飲んでいました」

ーそれは珍しいですね。

「ちょっと変わってたのかな(笑)。僕は目立ちたがりだったんですが、当時は牛乳の一気飲みが流行ってたんですよ。早ければ、かっこいいみたいなのがあった。もちろん僕が一番早かったですよ」

ー学校では相当な量を飲みましたか?

「はい。飲みましたね。風邪で休んだ子らの分も飲んでました。家では飲まないのに」

ーこれを食べたから、身長が伸びたと思う物はありますか?

「骨にいいものが、背を伸ばすんじゃないですかね。カルシウムを多く含んでいる物。僕は魚とかよく食べてたんですけど、骨まで全部食べちゃうんです。骨があっても『噛み砕いてやる!』って感じで。骨は口に入れたら、もう出さないのがポリシーです(笑)」

ーそれは小さな頃からそうだったのですか?

「肉も好きだったんですけど、魚も好きだった。親は好きな物を、いつも出してくれました」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
小関
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。









【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

2018年BACKNUMBER

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る