成長期を応援!スクスクのっぽくん通信簿

スクスクのっぽくん通信簿

お子様の成長に関わる情報を「スクスクのっぽくん通信簿」として、メールマガジンにて配信しております。
このホームページ上でも毎週最新のメルマガとバックナンバーをご覧頂けます。

スポーツにも関係する身長のお話とは?
スクスクのっぽくんメールマガジン/ vol.893
成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「トレーニングと身長」
【動画】成長期に必要なバランス能力を身につける「飛行機体操」
バスケットボール元日本代表選手 竹内公輔さん インタビュー第3回
成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「トレーニングと身長」

こんにちは!
スクスクのっぽくんです。

スポーツに取り組む子ども達の中には、自身の身体の成長を気にしているお子様も多いようです。

頑張る子どもを応援しているご両親から、のっぽくんの専門家の元にご相談を寄せていただきました。

今回はトレーニングと身長の関係について、専門家がお答えします!



Q:息子は、将来スポーツ選手になるのが夢です。

そのためには、小さい頃から人よりもたくさんのトレーニングをしたほうがいいと思うのですがどうでしょうか?

また、トレーニングと身長の伸びの関係について教えてください。

A:身長が伸びるには、骨端線に適度な刺激が加わることが大切です。

身長が伸びるには、骨端線に刺激が加わることが大切です。

ですので、適度な運動をすることは身長を伸ばすのに必要な要素だと言えるでしょう。

しかし、注意したい点はオーバーワークです。

過度のトレーニングで、常に疲労が蓄積した状態は、体の成長にもよくありません。

筋肉の向上という面から見ても、「休養」は大事な要素のひとつです。

『運動―栄養―休養』のサイクル全てで、ひとつのトレーニングと捉えて頂けるといいと思います。

体の管理が的確にできるスポーツ選手は長く良い結果をだしていますし、そのスポーツを心から楽しんでいるということも共通している点だと思います。

トレーニングで大切なことは、内容(プログラム)が的確かどうか、効率が良いか、体に過度の負担がかかるリスクが少ないか、楽しくできるかという点だと思います。

『好きこそ物の上手なれ』という言葉がありますが、まさにその通り!

子どもの頃は特に、体にも、心にも無理をし過ぎず楽しく取り組めるように導いてあげるのが良いと思います。

長く楽しくスポーツが続けられる体をつくることがトレーニングの目的です!

のっぽくんQ&Aページでは、トレーニングと身長の関係についてのさらに詳しい説明をしています。

成長の仕組みを徹底検証!のっぽくんQ&A「トレーニングと身長」の全文はこちら!

スクスクのっぽくん 担任より
公式LINE
公式Facebook
公式Instagram





無料サンプルプレゼント中!


※過去サンプルをお申込みいただいた方も、お申込みいただけます。
定期お届けコースをもっと便利に活用!
▶︎のっぽくんショップ 「商品の組み合わせについてのご案内」はこちら

↑カルシウムグミについて、もっと詳しく知りたい方はこちら!

スクスクのっぽくん
商品のご注文はこちらから!

【スクスクのっぽくん公式SHOP】
https://suku-noppo.shop
★定期お届けコースへのご加入、再開もお電話よりお気軽にご連絡ください
※受付時間 / 9:00~21:00(年中無休)
【動画】成長期に必要なバランス能力を身につける「飛行機体操」



春の気温になったかと思えば肌寒い日もあり、雨で体を動かしにくく、疲れがたまった方も多いのではないでしょうか?

お子様と一緒に少し体を動かして、体をほぐしていきましょう!

今回紹介するのは、バランス能力を身につける「飛行機体操」です!

成長期は、身長が伸びるにつれて、実は徐々にバランスを取ることが難しくなっていきます。

そのため、小学校高学年から中学生の一番背が伸びる時期の間に、運動することが苦手になってしまう場合も多いのです。

成長期やその前からバランス能力を身につけ、正しい姿勢作りや運動能力アップを図りましょう!
「最大の僕の夢は、バスケットボールの人気を上げることです。まずは日本代表を勝てるようにしたい。」(竹内公輔さん)

バスケットボール天皇杯で3連覇を果たし、日本男子バスケ界黄金世代の一つである「竹内世代」としてその名を残す人物。身長205cmという高さを生かしたプレーで、双子の弟・譲次さんとともに日本代表で活躍された竹内さんに、いつ背が伸びたのかといった身長の話や、バスケットボールの話を中心にお話を伺いました。
※本記事は、過去に公開された「プロフェッショナル 生きる力の伸ばし方」のバックナンバーからの再掲記事です。

竹内公輔さんプロフィール
1985年1月29日、大阪府吹田市出身。 身長205cm、体重98kg。中学3年からバスケットボールを初め、洛南高校3年生のときには双子の弟・譲次とともに国体で優勝。慶応大学総合政策学部に進学し、卒業後に日本バスケットボールリーグのアイシン・シーホースとプロ契約を結んだ。大学時代から日本代表として活躍し、2013年にはNBLオールスターに選出。2014年、広島ドラゴンフライズへ移籍し、この年にチーム史上初のオールジャパン決勝進出に貢献し自身もベスト5に選出。
身長が一番伸びた時期

ー身長が一番伸びたのは、いつでしたか?

「中学校くらいです。今、アイシン・シーホースのチームメイトに聞くと、小学校のときにもう背がすごく高くて、そこから変わらないという人もいるんですけど、僕はそういうタイプではなかったです。

僕は中学校で30センチくらい伸びたんで」

ー小6で何センチでしたか?

「165センチくらいでした。背の順では、一番うしろでした。

ただ、今のチームメイトの中には、小学校で180センチあったって言うヤツもいますからね」



ー竹内さんは中学で30センチ伸びたってことは、中3の最後には・・・。

「190センチの後半くらいありましたね。

2メートル近くあったかなぁ?

高校でもさらに伸びて、3年間伸び続けてましたね」

ー身長が一気に高くなるときには、骨の動きがわかると言いますが、そういう感覚はありましたか?

「それがね、僕はなかったんですよね。

伸びている時に骨の音が聞こえるとか言うじゃないですか。

僕の場合、なかったです」

ーバランスよく伸びたのかもしれませんね。

「ただ、中学校のときは一気に背が伸びたので、運動能力がついていかなかったですね。

小学校の時にはクラスで一番足が速かったのに、中学校に入ったら、自分より遅かったヤツにどんどん抜かれていった。

背は伸びているのに、運動能力がついていってなかったからだと思います」

〜つづく〜

発行人:スクスクのっぽくん
(運営:有限会社ルーティ
東京都港区麻布台1-11-3 5F)
★ご意見・ご感想はこのメールにご返信ください。













【ご利用ガイド&よくあるご質問】
https://suku-guide.jp/

★【スクスクのっぽくん通信簿】の解除はこちら↓★
https://www.suku.jp/account/cancel

2018年BACKNUMBER

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る