立川談春さん・今を生きる子供たちへ:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 立川談春プロフィール

1967年6月27日、東京都で生まれる。中学時代は競艇選手を夢見るものの、選手の応募条件を超える身長に達してしまい断念。高校時代に落語をはじめ、17歳で高校を中退、立川談志に入門する。新聞配達をしながらの過酷な前座生活を経て、1988年に二つ目、1997年に真打へ昇進。現在は「最もチケットがとれにくい落語家」と呼ばれている。2008年には扶桑社よりエッセイ「赤めだか」を刊行。同書がベストセラーとなり、08年の講談社エッセイ賞を受賞したことは記憶に新しい。

お互いの顔を見ながらもっと話そう!

のっぽくん
最近の子供について気になることはありますか?
立川さん
立川さん
「俺たちの時代、子供というものは矯めつ眇めつ(【ためつすがめつ】いろんな角度からよく見るさま)見守るもので、町単位で育てようという意識があって、みんなで子供を叱ったもんだけど、現在は守ろうという意識の方が大きいね。

社会は害悪で、大人は無関心で、環境は冷たくてって。

なんでかなって思ったら、会話が減ってるのがいけないんじゃいかなって。

落語家という商売柄、余計に過敏になっているかもしれないけれど、やっぱりあまりにも会話がないのは気になるね。

(今の世の中の仕組みは)会話が必要ないもんね。世界中とネットが繋がっていて、携帯電話で親や友達とも繋がっていて、学校で会話しなくても家に帰ってベッドに入ってそれぞれメールすれば事足りる。メールは会話じゃないよ、通告だよ。繋がってるって事は本来、拒否しづらいっていうリスクがあるんだ。でも携帯はイヤなときはパタンと閉じれば簡単に拒否できる。

インターネットを使いこなして、子供がどんどん賢くなっていく気がするけど、その反面会話が減ってるというのはいけないね。だって、高校生だ中学生だって子が、親に一言のSOSも無くて死んでいくなんて考えられないよ。

子供ってのは最後、親にすがるものでしょ。

なのに、親に「さよなら」と一言だけ言い残して死んでくなんて、どういうことですかって思うよ。敵と味方の区別がつかない。どんなに愛情があっても「私があなたを愛してるのよ」って口に出さないと伝わらないんだろうね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る