立川談春さん・大人になって感じた父の愛:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 立川談春プロフィール

1967年6月27日、東京都で生まれる。中学時代は競艇選手を夢見るものの、選手の応募条件を超える身長に達してしまい断念。高校時代に落語をはじめ、17歳で高校を中退、立川談志に入門する。新聞配達をしながらの過酷な前座生活を経て、1988年に二つ目、1997年に真打へ昇進。現在は「最もチケットがとれにくい落語家」と呼ばれている。2008年には扶桑社よりエッセイ「赤めだか」を刊行。同書がベストセラーとなり、08年の講談社エッセイ賞を受賞したことは記憶に新しい。

やせこけた息子を本気で心配してくれた

のっぽくん
入門前後で親子関係に変化はありましたか?
立川さん
立川さん
「あった。父親が変わったね。
落語家は食えないでんすよ。何が食えないって飯が食えない。で当然、痩せるんです。24時間気を張ってなくちゃいけないから夜も寝られない。それでさらに痩せるでしょ。1ヶ月で7~8キロ、半年で18キロ痩せたら、その姿を見て怒ったんだよ、父親が!

「談志の野郎、殺してやる」ってうろたえてパニックになってる。

なぜこうなったかということを冷静に考える余裕もなく、飯も食わしてもらえないで、こいつはただこき使われてるだけだと思って「談志許せねぇ」ってなっちゃう父親を見て、子供って親にとってそんな存在なのかと感動したね。
愛が深まったなんて言い方はしないけど、これまでの親父の言動を考えると「それくらい当たり前だよ、お前が勝手に選んだ道だよ」って言われるかと思ったのに、「大丈夫なのか」って心配されて。
ああ、親ってのは子供の前では親である自分を作ってたんだなってわかったんだ。
まあ、母親は図太くてね、痩せこけた俺を前にしても、師匠に「うちの子をお願いします」って言ってたけど(笑)」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る