立川談春さん・人に愛される究極の方法とは:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 立川談春プロフィール

1967年6月27日、東京都で生まれる。中学時代は競艇選手を夢見るものの、選手の応募条件を超える身長に達してしまい断念。高校時代に落語をはじめ、17歳で高校を中退、立川談志に入門する。新聞配達をしながらの過酷な前座生活を経て、1988年に二つ目、1997年に真打へ昇進。現在は「最もチケットがとれにくい落語家」と呼ばれている。2008年には扶桑社よりエッセイ「赤めだか」を刊行。同書がベストセラーとなり、08年の講談社エッセイ賞を受賞したことは記憶に新しい。

落語家だから、会話で人生全てを説明していく

のっぽくん
そこまで丁寧に言葉を尽くすのも、義務感を超えた愛ですね!
立川さん
「そうかもしれないね(笑)

弟子の場合は、学を捨てて、親を捨ててくるわけだから、どっかで責任感がある。弟子の奥にいる親の顔も見えてくるわけですよ。 だけど、売れる方法なんて教えられない。教えられるのはどうしようもならなくなったときに飢え死にしない方法だけ。なんの仕事もなくても飢え死にしないためにはどうしたらいいのか。

最終的に残るのは愛だよね、人に愛されたいと思ったら自分が愛するしかない。例えば、今日ここでこの人に餃子をご馳走にならないとこの先3日は物を食えないんだよな、ってなったら命がけで尽くすじゃない、尽くされてやな人はないんだから。

それが、300人、500人、1000人に愛されるようになるのかどうかってこと。」
立川さん
のっぽくん
談春さんの師匠、談志さんも、とても丁寧に教えてくださる方だったそうですが。
立川さん
「そうですね、ただこういう言い方をしていましたね、「俺は弟子は殴らない、落語家だから、会話で人生全てを説明してく家業なんだから」って。あの人は説明したい人だったんだね。
でもそれは受け継がれていくね、人間は自分が育てられたのと同じ事をする。結局、自分が教えてもらったこと以外は教えられないんだね。

それが3代、4代続くと家風になるんだろうし、なかなか切り捨てられない垢になることもあるんだろうけど。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る