立川談春さん・家を飛び出して落語家になる!:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 立川談春プロフィール

1967年6月27日、東京都で生まれる。中学時代は競艇選手を夢見るものの、選手の応募条件を超える身長に達してしまい断念。高校時代に落語をはじめ、17歳で高校を中退、立川談志に入門する。新聞配達をしながらの過酷な前座生活を経て、1988年に二つ目、1997年に真打へ昇進。現在は「最もチケットがとれにくい落語家」と呼ばれている。2008年には扶桑社よりエッセイ「赤めだか」を刊行。同書がベストセラーとなり、08年の講談社エッセイ賞を受賞したことは記憶に新しい。

家出は大人になるための通過儀礼

のっぽくん
著書「赤めだか」では、ご両親の反対を押し切って落語界に飛び込むエピソードが描かれていましたが、その強い決心はどこからきたのでしょうか?
立川さん
「親からだよ。
周りにサラリーマンがいなかった。親もサラリーマンじゃなかった。子供はそんなつまんないことでも思い込むんだね、俺はサラリーマンにはなれないって。
もっと言うとサラリーマンになることは俺にとっては敗北だった。腕一本で食っていくのが格好良いことで。まぁ、よく考えれば、組織につまはじきにされた結果、しょうがなく腕一本で食ってる人も多いんだけど(笑)でも腕がよければ、よほどの貧乏はしない。だから俺もそうならなくちゃいけないって思ったんだ。
父親も家出という形で独立していて、周りの人も同じように家を飛び出して親方に教わったから今日の自分があるっていう人ばかり。
だから、これが普通の、大人になるための通過儀礼だろうと思ってたんだね。」
立川さん
のっぽくん
親の反対を押し切って独り立ちするのが、大人になるための通過儀礼!
立川さん
「そうそう(笑) でも俺の場合、ただ闇雲に反対されたんじゃなくて、「高校卒業まで一年待てば、家から修行に通わせてやる」って親も言ってくれたんだけど、そこが思春期だったりするんだね。飛び出しちゃった。
それで新しい世界に入って気が付くの。落語家って腕一本で食ってける仕事だと思ってたけどとんでもない。こんなに人とのつながりを大事にするところはなくて、ある意味サラリーマンより大変じゃないか、と。
力量が同じくらいなら可愛がられた方が仕事をもらえるとか、落語の筋が良くたって生意気だと叱られるとか、そんな現実と16,7才の自分の力のなさをひとつひとつ周りから教わるにつれて、ああ、今までは親に守られてきたんだなって感じてさ、頑張らなくちゃいけないなと思ったね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る