食事の重要性を痛感した大学時代:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 齋藤仁志プロフィール

1986年、栃木県生まれ。栃木県立鹿沼高校、筑波大学を卒業。2008年には、北京オリンピックの短距離日本代表選手に選出。2009年、ベルリン世界陸上選手権において200mに出場。2011年の大邱世界陸上選手権では200mで自身初の準決勝進出を果たし、4×100mリレーでも日本のアンカーを務めた。2015年4月より、筑波大学大学院に在籍。

食事の重要性を痛感した大学時代

のっぽくん
その後、めでたく大学にも合格し、本格的なアスリートとしての活動を開始する齋藤さん。やはり、大学での陸上の練習環境は大きく変わるものなのでしょうか。
齋藤さん
大きく変わりましたね。たとえば、大学に入って2週間目くらいから急に体調を崩して走れなくなってしまったんです。大事な試合を2、3週間後に控えているのに、疲労が蓄積されていく一方で、体が全然キレてこない。そこで原因を考えてみたんですが、そういえば毎日レトルトのカレーやパスタの偏った食事しかしてなかったな、と(笑)。それで、食生活を思い切って変えてしまったんです。とはいっても、自分で作るとかえってコストが高くついてしまうので、近所に格安で食事ができる大衆食堂をみつけてそこを利用するようにして。すると、栄養のバランスが取れるようになって、2週間くらいで体調が整ってきたんです。食事って、やっぱり大切なんだと実感しました。
齋藤さん
のっぽくん
そのときの食事で、意識的に摂っていたものは何かありましたか。
齋藤さん
極力サラダは食べるようにしていました。また、最初は意識していなかったんですが、大学の栄養の授業でカーボ・ローディングの仕方を学んで、少しずつ生活で実践していったり。さらに、バランスのいい食事をしっかり摂る一方で、足りない栄養はサプリメントやプロテインで補給する。そういう意識を持つことを心がけたことで、高校時代は180 cmで57kgくらいしか体重がなかったのに、大学4年間で15kgぐらい増量することができました。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る