北京五輪代表・スプリンター 齋藤仁志さん:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 北京五輪代表・スプリンター 齋藤仁志さん

プロに聞く! 齋藤仁志プロフィール

1986年、栃木県生まれ。栃木県立鹿沼高校、筑波大学を卒業。2008年には、北京オリンピックの短距離日本代表選手に選出。2009年、ベルリン世界陸上選手権において200mに出場。2011年の大邱世界陸上選手権では200mで自身初の準決勝進出を果たし、4×100mリレーでも日本のアンカーを務めた。2015年4月より、筑波大学大学院に在籍。

2008年の北京五輪、2009年のベルリン世界陸上、2011年の大邱世界陸上と、世界の舞台で戦い続けた日本を代表する短距離走者の齋藤仁志さん。意外にも、小さい頃は家のなかで遊ぶことが多く、球技などのスポーツも苦手なお子さんだったのだとか。そんな齋藤さんがなぜ陸上に目覚め、世界で戦うアスリートとして成長して行ったのか。今回は、齋藤さんの幼少期から現役時代まで振り返っていただき、お話をうかがいました。

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

プロの子供時代がまるわかり!のっぽくんの一問一答!

*子供の頃の齋藤さんは、どんな子どもだったんですか?
インドア派の子どもで、家のなかでゲームをしたり、時には女の子とままごとをして遊ぶようなタイプでした。サッカーや野球などの球技も苦手。ただ、クラスのなかで足が速いほうだったこともあり、中学への入学を機に陸上部に入部することになりました。
*齋藤さんは昔から走るのが好きだったんですか?
大好きだったというわけではありません。ただ、中学に入学する際、何かスポーツをしようと考えたとき、唯一自分に自信があった競技が走ることだったんです。そして、親の「やってみたらどうか」という勧めもあり、陸上の道を進むことになりました。
*小さい頃はどんな食事をしていましたか?
家のなかでお菓子を食べながら遊ぶ子どもだったので、食事のときにあまり量が食べられませんでした。また、刺身やサラダなど生の魚や野菜が苦手で、親を困らせたこともあったようです。ただ、陸上の道に進むようになって、食事も自然と食べられるようになりました。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る