元は家で遊ぶことが大好きなインドア派だった!?:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 齋藤仁志プロフィール

1986年、栃木県生まれ。栃木県立鹿沼高校、筑波大学を卒業。2008年には、北京オリンピックの短距離日本代表選手に選出。2009年、ベルリン世界陸上選手権において200mに出場。2011年の大邱世界陸上選手権では200mで自身初の準決勝進出を果たし、4×100mリレーでも日本のアンカーを務めた。2015年4月より、筑波大学大学院に在籍。

元は家で遊ぶことが大好きなインドア派だった!?

のっぽくん
小さい頃の齋藤さんは、実はインドア派だったとか。
齋藤さん
私の地元では、周りに小学校でスポーツをやっている子どもが少なかったんです。そもそも、地元にはそういう施設のような環境が整っていなかったので、屋内で遊ぶことがその地域のスタンダードで。だから私も、屋外で遊ぶというより、屋内でゲームをしたり、ままごとを女の子とやっているような子どもでした。でも、高学年になると周りの目が気になりはじめて、「中学に入ったら、スポーツをやろう」と考えていたんです。とはいえ、球技はあまり得意じゃない。となると、ボールを使わない競技は陸上しか残らなくて。だから、陸上をはじめたきっかけは、消去法だったんです(笑)。
齋藤さん
のっぽくん
走ることには、自信があったんですか?
齋藤さん
自分の誇れるものと言われれば、たしかに足はあったかもしれないですね。小学生の時の校内持久走大会では、優勝こそありませんでしたが、3、4番目くらいの成績だったので。ただ、いざ陸上をやるとなると、長い距離は走りたくないし、重いものも持てない。ハードルは怖いし、練習にも耐えられそうにないということで、短距離を選ぶことになって(笑)。ただ、その短距離を選んで走りこんでいくうちに、日に日に速くなっていく自分に気づいたんです。それで、走るコツのようなものがだんだん分かってきて。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る