勉強と陸上を両立するという決断:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 齋藤仁志プロフィール

1986年、栃木県生まれ。栃木県立鹿沼高校、筑波大学を卒業。2008年には、北京オリンピックの短距離日本代表選手に選出。2009年、ベルリン世界陸上選手権において200mに出場。2011年の大邱世界陸上選手権では200mで自身初の準決勝進出を果たし、4×100mリレーでも日本のアンカーを務めた。2015年4月より、筑波大学大学院に在籍。

勉強と陸上を両立するという決断

のっぽくん
ちょうど本格的に受験がはじまる頃ですよね。
齋藤さん
本来、全国で通用している選手というのは推薦で私立大学に行くんです。でも、県大会3番程度の記録だと、そういうわけにもいきません。となると、当然一般受験をがんばらないといけないので、結果的には一生懸命勉強することになりました。でも、8月のインターハイに出場できなかったことで、どこまで陸上を続けて、どこから受験に専念すればいいのか自分の線引きができなくなってしまって(笑)。結局、気づいたら9月になっていて、残された受験勉強の時間が少なくなってしまっていたんです。気持ちは焦りますし、その一方で陸上に対する気持ちの切り替えもうまくいかない。あのときは葛藤の毎日でしたね。でも、あのとき一度落ち目を見たことによって、自分のなかで陸上がどれくらい大きいのか再確認できたんです。勉強と陸上を両立しようという覚悟がようやくそこで生まれたので。僕の一番のターニングポイントはそこなのかなと思います。
齋藤さん
のっぽくん
たしかに、消去法からスタートした陸上に対して、はじめて自分で大きな決断をくだした瞬間だったのかもしれません。
齋藤さん
ただ、勉強と陸上を両立したいと親に言ったら「陸上なんか、もうやめなさい」って言われましたけどね(笑)。陸上を続けてほしいという気持ちがないわけではなかったと思うんですが、「せめて陸上をやるのは、一度大学に入ってからでも良いんじゃないか」という思いがあったんだと思います。たしかに、受からないと何もはじまりませんからね。間違ったことは言われていなかったんで、何も反論できませんでした(笑)。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る