家庭では、食のコミュニケーションを大切に:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 学校給食栄養士 松丸奨さん » 家庭では、食のコミュニケーションを大切に

プロに聞く! 松丸奨プロフィール

千葉県松戸市生まれ。高校卒業後、華学園栄養専門学校に入学。卒業後、5年間病院食の献立作成や栄養管理に携わる。’08年より東京都文京区立青柳小学校に勤務。’13年には第8回全国学校給食甲子園にて参加した2266校の中から全国優勝。同年、文京区学校給食優良校にも指定される。現在の目標は「全校児童全員の食べ残しをゼロにすること」。

家庭では、食のコミュニケーションを大切に

のっぽくん
やはり、保護者の方からの食事に関する問い合わせは多いですか?
浅越さん
「やっぱり、子どもたちの好き嫌いに関する悩みはよく聞きますね。子どもの好き嫌いの中で特に多いのは、先ほどの野菜に加えて魚と豆。魚に関しては、調理の仕方を考えるだけで非常に食べやすくなるので、そのことをよくお伝えします。

例えば、魚の臭いが苦手なら昆布や生姜、さらにお酒を入れて臭みを取る。骨が苦手なら、骨の少ない魚を煮魚で食べさせた方がいい、というように。あと、鮭は子ども達に人気で食べられる子も多いので、他の魚ではなく、鮭から入る方がいいという話もします。

子どもが大好きな調理法で、嫌いなものを食べさせてしまうというやり方もあるんです。例えば、ポテトチップスやフライドポテトは子どもが大好きなので、豆は軽く水で煮た後に水気をしっかり取って、片栗粉をつけて油で揚げてしまうとか。

さらに、揚げたものをフライドポテトと同じ味つけにすれば、自然と食べられるようになったりするんです。

好きなものに寄せていくという意味では、食卓に野菜や魚の図鑑を置くのもいいですね。子どもは図鑑が好きなので、「この名前、変な名前!」と言いながら自然と興味を持ちはじめるようになります。」
松丸さん
のっぽくん
図鑑に載っている食材を通じて食べ物の話をしているうちに、家族内でも新しいコミュニケーションが生まれてきそうですね。
浅越さん
「コミュニケーションは本当に大切。ですから、私はテレビを観ながらの食事はあまりおすすめしません。テレビもゲームもスマホも、食事が終わったらでもいいわけですから。

やはり、子どもにとって家族の食事の時間が「本当に大事なんだ」と思えるような環境が重要ですよね。とはいえ、すべてのことを一度にやろうとしたら、今度はお母さんたちが大変になってしまいます(笑)。

なので、そのあたりは無理なく、ゆっくりとやっていければいいと思いますね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る