残させないコツは、「作っている姿を見せる」こと:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 学校給食栄養士 松丸奨さん » 残させないコツは、「作っている姿を見せる」こと

プロに聞く! 松丸奨プロフィール

千葉県松戸市生まれ。高校卒業後、華学園栄養専門学校に入学。卒業後、5年間病院食の献立作成や栄養管理に携わる。’08年より東京都文京区立青柳小学校に勤務。’13年には第8回全国学校給食甲子園にて参加した2266校の中から全国優勝。同年、文京区学校給食優良校にも指定される。現在の目標は「全校児童全員の食べ残しをゼロにすること」。

残させないコツは、「作っている姿を見せる」こと

のっぽくん
また、野菜嫌いについては、先入観のような気持ちの問題も大きく関わっているような気がします。
松丸さん
「私がかつてそうだったように、1年生のような小さい学年の子どもたちには「ひと口、ひと舐めでもいいからやってみよう」と言うようにしています。

一番良くないのは、「何もしない」こと。「ひと舐めしていけば、いつかきっと食べられるようになる」ということを知ってもらうのは大きいと思うんです。

あとは、食事を作っている人たちのことを知ってもらう。私の場合は給食の配膳の時間に全クラスを回るようにしているんです。

ふつう、学校にいる栄養士の先生の名前を知らない生徒が多いじゃないですか。でも、うちの学校ではみんな「松丸」という名前を覚えていてくれて。
松丸さん
私が教室に入ると、「松丸先生が来た!」からはじまって、「お腹が減った!」「今日のメニューは何?」といろんなことを話しかけて来るんですよ。

その時間を大切にして交流を重ねることで、「あの人がつくっている給食なんだ」と食に対する興味に繋げることができるんです。

よく保護者の方から「食事を残さず食べさせるには、どうしたらいいですか?」と聞かれるんですが、そのときも必ず「料理を作ってる姿をお子さんに見せてあげてください。もしくはお手伝いをさせてあげてください」と言うようにしています。

やはり、ゲームに夢中になっている子の目の前にいきなりご飯を出しても、食事の有り難みは出ないと思うんです(笑)。

だから、「君のためにお母さんは時間を使っているんだよ」「そうするのは、君が大事だからだよ」ということを知ってもらうのは、「作っている姿を見せる」というのがとても重要だと思います。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る