食を知ることで、おいしさも学びも手に入れられる!:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 学校給食栄養士 松丸奨さん » 食を知ることで、おいしさも学びも手に入れられる!

プロに聞く! 松丸奨プロフィール

千葉県松戸市生まれ。高校卒業後、華学園栄養専門学校に入学。卒業後、5年間病院食の献立作成や栄養管理に携わる。’08年より東京都文京区立青柳小学校に勤務。’13年には第8回全国学校給食甲子園にて参加した2266校の中から全国優勝。同年、文京区学校給食優良校にも指定される。現在の目標は「全校児童全員の食べ残しをゼロにすること」。

食を知ることで、おいしさも学びも手に入れられる!

のっぽくん
先生は給食以外にも、学校内で特別に食育の授業などをやっているのですか?
浅越さん
「現在、小学校では「食育」という単元はないので、「今から食育の授業をはじめます」ということはありません。

なので私の場合は、社会科や理科などの教科に合わせて、担当の先生と相談しながら自分も食育を絡め授業に参加するようにしています。

例えば、昔の人の生活を学ぶ社会の授業があるとすると、「では、食生活はどうだったのかな?」と私が声をかけるんです。 そこで、「実は、昔の江戸時代の人もみんなと同じ野菜を食べてたんだよ」「その野菜は、今の東京のどこで獲れたものなのかな」という話をすると、自然と食育の話もできるし、社会への興味も出てくるようになる。

理科で植物の成長を学ぶときに合わせて「江戸の伝統野菜を育ててみよう!」ということも実践しています。このときもやっぱり「江戸東京野菜と、ふつうの野菜の成長を比べてみよう」「この野菜には、どんな歴史があるんだろう」というように、様々な学びを加えていくんです。」
松丸さん
のっぽくん
食べものの背景にあるストーリーを知ると、より食事がおいしくなるということもありますよね。
浅越さん
「そうなんです。食べものは子どもにとっても身近なキーワードですし、深く知ると「へぇー!」と思えることがたくさんありますから、授業に加えながら展開していくと、その単元も深く学べるし、食についても学べるので、良いこと尽くしなんです。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る