栄養士の先生のひと言が、野菜嫌いを変えた!:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 学校給食栄養士 松丸奨さん » 栄養士の先生のひと言が、野菜嫌いを変えた!

プロに聞く! 松丸奨プロフィール

千葉県松戸市生まれ。高校卒業後、華学園栄養専門学校に入学。卒業後、5年間病院食の献立作成や栄養管理に携わる。’08年より東京都文京区立青柳小学校に勤務。’13年には第8回全国学校給食甲子園にて参加した2266校の中から全国優勝。同年、文京区学校給食優良校にも指定される。現在の目標は「全校児童全員の食べ残しをゼロにすること」。

栄養士の先生のひと言が、野菜嫌いを変えた!

のっぽくん
現在、江戸東京野菜を献立に取り入れるなど、新しい給食を実践している松丸先生ですが、実は小さい頃「野菜嫌いだった」のだとか。
浅越さん
「小学校1、2年の頃まで食事の好き嫌いが本当に多くて。特にトマトとレタス、キュウリはにおい、味、すべてがダメでした。そういう好き嫌いのせいで、当時は体も弱く、体重も身長も小さい方だったんです。

もちろん給食なんて全部は食べられません。そういう状況を担任の先生が見ていて、あるとき、栄養士の先生のところに連れていってくれたんです。そのとき、栄養士の先生から、「ひと口でいいから食べてみよう」と言われて。「全部食べなくていいから、ゆっくり食べよう。このご飯は、君のためになるものしか入ってないんだよ」と。

そう言われて、ゆっくり給食を食べるようになったら、少しずつ嫌いなものでも食べられるようになったんです。すると、体があっという間に大きくなっていって(笑)。背もぐんぐん伸びていったし、今までできなかった逆上がりや二重跳びもできるようになったんです。そのときに、「給食ってすごい」って心から思って。」
松丸さん
のっぽくん
ということは、栄養士のお仕事をされるようになったのは、小学生のときの好き嫌いがきっかけ?
浅越さん
「もちろん、小学校のときはそこまで栄養士になりたいとは思っていませんでした。ただ単に「給食が大好き!」という感じだったんです。

でも、高校生になって将来の進路を決める時期に、担任の先生から「自分の一番好きなものになったほうがいい」とアドバイスされて。その言葉を受けて、一番好きなものって何だろう?と考えたら、給食だったんですよね(笑)。それで、給食に関わる仕事をしようと思ったんです。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る