飯沼誠司さん・飯沼さんの夢とは:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 飯沼誠司プロフィール

1974年、東京都生まれ。大学時代にライフセービングに目覚め、卒業後には花形種目であるアイアンマンレースのワールドシリーズに日本代表として選出、日本人ライフセ-バーとしては初めてのプロ契約を果たす。以降、全日本選手権アイアンマンレースを5連覇するなど数々の偉業を達成。2006年からは「館山サーフクラブ」を自ら立ち上げ、水難救助の第一線で活躍している。

ライフセービングの厳しさを伝える指導を

のっぽくん
「環境」というキーワードは、これまでの飯沼さんの活動に共通する言葉ですね。
飯沼さん
「確かにそうかもしれません。環境づくりをどうするかということは、卒業後にプロになってからもかなり意識してきましたね。というのも、どんなに忙しくても、自分が興味のある分野に集中できる環境さえつくってしまえば、勉強をしながらでも、仕事をしながらでも練習はできてしまうんです。 実際、ライフセーバーとして活躍する人のなかには、会社にも活動を理解してもらって、世界大会のために10日間もの休みをもらっている人もいます。もちろん、簡単なことではないですけど、自分ががんばっている姿をしっかり周りに見せられれば、自然と理解してくれるようになりますし、積極的に協力もしてもらえるようになる。やはり、自分の努力次第なんですよね。」
飯沼さん
のっぽくん
現在飯沼さんは、ライフセービングのユース日本代表の監督も務めていますが、やはり指導のなかでも環境づくりは意識されているんですか?
飯沼さん
「ユースは16歳から19歳のカテゴリーで、強化選手のなかにはまだ中学生の選手もいる。当然彼らはまだ若いですから、悩んだり失敗することも多いと思うんです。それをフォローする意味でも、練習環境はもちろん、生活環境、食環境についてもしっかり指導をしていますね。 あと、指導で大切にしているのは、ライフセービングの厳しさを伝えること。ライフセービングでは大きな事故に出会うことも多いですし、さらに言えば自分の力不足で目の前の溺者を助けられなかったということもあり得ない話ではない。後輩たちにはそういう辛い想いをしてもらいたくないので、そのあたりのことはやっぱり厳しく指導していますね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る