飯沼誠司さん・水泳に目覚めたのは3歳!?:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 飯沼誠司プロフィール

1974年、東京都生まれ。大学時代にライフセービングに目覚め、卒業後には花形種目であるアイアンマンレースのワールドシリーズに日本代表として選出、日本人ライフセ-バーとしては初めてのプロ契約を果たす。以降、全日本選手権アイアンマンレースを5連覇するなど数々の偉業を達成。2006年からは「館山サーフクラブ」を自ら立ち上げ、水難救助の第一線で活躍している。

きっかけは体質改善

のっぽくん
小さい頃から泳ぐことが大好きだったという飯沼さん。そのきっかけは?
飯沼さん
「実は僕、幼稚園のときからとても体が弱くて、喘息やアトピーだけでなく、アレルギーも多かったんです。それに加えて、しょっちゅう捻挫をしたり、ものもらいになったり…。だから、小さい頃からずっと病院通いだったんですよ(笑)。そんなとき、病院の先生から「水泳をやって体を鍛えたほうがいい」と勧められて。ちょうど姉がスイミングスクールに通いだしたタイミングだったので、一緒にくっついて行く形で通うようになったのが最初のきっかけですね。だから、一番最初にスイミングスクールに行ったのは3歳のときなんですよ。」
小錦さん
のっぽくん
ずいぶん早い時期からのスタートだったんですね。?
飯沼さん
「当時から泳ぐことが楽しくてしょうがなかったんですよね(笑)。しかも、そのクラブは水に慣れるための遊びっぽい練習ばかりだったので、子供ながらだんだん物足りなくなっていってしまって。それで5歳になったときに「もうちょっと速く泳げるようになりたい」と親に相談して、近所にできた有名なスイミングスクールに変えてもらったんです。今考えると、なんだかサッカー選手が強いクラブを求めて移籍するみたいな感じですね(笑)。でも、それ以来、本当にだんだん水泳の力が伸びていったんですよ。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る