飯沼誠司さん・人を助ける難しさについて:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 飯沼誠司プロフィール

1974年、東京都生まれ。大学時代にライフセービングに目覚め、卒業後には花形種目であるアイアンマンレースのワールドシリーズに日本代表として選出、日本人ライフセ-バーとしては初めてのプロ契約を果たす。以降、全日本選手権アイアンマンレースを5連覇するなど数々の偉業を達成。2006年からは「館山サーフクラブ」を自ら立ち上げ、水難救助の第一線で活躍している。

自分を生かせる競技に出会えた大学時代

のっぽくん
大学でライフセービング部に入ったきっかけは何だったのでしょうか?
飯沼さん
「高校時代にそんなことがあったものの、泳ぐことをあきらめきれなかったんです。そこで、これまでの経験を活かせるライフセービングやトライアスロンに興味が湧いてきて。それで、入学した大学にライフセービング部があったので門を叩いてみたら、先輩たちが実際の救助シーンや、大きな波のなかでレースしているシーンをまとめた映像を見せてくれたんです。これが、本当にカッコよくて。 しかも、水泳もマラソンも、今までやってきたことすべてが活かせる環境だと直感して、入部を決めたんですよね。」
飯沼さん
のっぽくん
飯沼さんにとって、ライフセービング部入ったことが大きな転機になったわけですよね。
飯沼さん
「練習の仕方も毎日の生活の送り方も、何もかもが変わりましたからね。特に僕の大学というのは比較的海が近い場所にあったので、好きなときに練習に行くこともできたんです。 1限の授業を受けた後、2限の間が空いているときはすぐに海に行って練習して、3限には大学に戻って授業を受ける、ということをよくやっていました。やはり、そういうライフセービングに集中できる環境を手に入れたことは、僕のなかで大きな経験ですね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る