飯沼誠司さん・『習いごと漬け』だった小学校時代:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 飯沼誠司プロフィール

1974年、東京都生まれ。大学時代にライフセービングに目覚め、卒業後には花形種目であるアイアンマンレースのワールドシリーズに日本代表として選出、日本人ライフセ-バーとしては初めてのプロ契約を果たす。以降、全日本選手権アイアンマンレースを5連覇するなど数々の偉業を達成。2006年からは「館山サーフクラブ」を自ら立ち上げ、水難救助の第一線で活躍している。

子どもの「やりたい!」を尊重する子育て

のっぽくん
水泳以外にも、小さい頃はいろいろなスポーツに挑戦されたとか。
飯沼さん
飯沼さん
「体を鍛えるためにジョギングをしていたので、マラソンは得意でしたね。幼稚園の年長のときには、姉の通っている小学校のマラソン大会を見て「僕も出たい!」と言いだして、急きょ出場させてもらったんですけど……その部でいきなり優勝をしてしまったり(笑)。 それ以降、クロスカントリーなどにも挑戦させてもらったりしていたので、現在のライフセービングの基礎となる水泳とマラソンは、そのときから自然と鍛えられていたんですよね。そのほかにも小学校のときはサッカーをやっていたんですけど、どうしても水泳の練習の時間とバッティングすることが多くて、途中で断念したんです。 友達も多かったし、成績も悪くなかったので続けたかったんですが、当時は水泳でジュニアオリンピックに出られる程度の記録が出るようになっていましたし、元々泳ぐことが大好きですから、水泳をあきらめることができなかったんです。……本音を言えば、どちらもやりたかったんですけどね。」
のっぽくん
本当に多才なお子さんだったんですね(笑)。
飯沼さん
「というよりも、子供のときは「自分がやりたい!」と思ったことを自由にやらせてもらえたんですよ。ちょうど小学校のときは水曜日がお昼過ぎに授業が終わっていたので、そのあとすぐに英語塾と習字に行って、夕方ごろからサッカーをして、最後にスイミングスクールでひと泳ぎしてきたり(笑)。水泳は多いときで週10回も泳ぎに行っていて、学校に行く前に泳いで、授業を受けて、習いごとに行って、また泳ぐというようなことをずっとしていた気がします。今考えても、子供ながら大忙しの日々でしたね(笑)。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る