飯沼誠司さん・『体育会系』の母の存在:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 飯沼誠司プロフィール

1974年、東京都生まれ。大学時代にライフセービングに目覚め、卒業後には花形種目であるアイアンマンレースのワールドシリーズに日本代表として選出、日本人ライフセ-バーとしては初めてのプロ契約を果たす。以降、全日本選手権アイアンマンレースを5連覇するなど数々の偉業を達成。2006年からは「館山サーフクラブ」を自ら立ち上げ、水難救助の第一線で活躍している。

送り迎えから食事までしっかりサポートしてくれました

のっぽくん
厳しい練習は、苦しくなかったんですか?
飯沼さん
「練習はたしかに厳しかったんですけど、それ以前に、僕、小さい頃から負けず嫌いだったんですよ(笑)。だから、どんなに大変な練習でもがんばってついていこうとしてしまうんです。もともと体は弱いですから、その点は大変でしたね。でも、僕の母というのが卓球の実業団の元選手で体育会系の人だったので、風邪を引こうが、喘息の発作が出ようが、練習には必ず連れて行かされたんです。」
飯沼さん
のっぽくん
厳しいお母さんですね。
飯沼さん
「僕が練習に対して弱音を吐いたときも、最初は「だったら、辞めてもいいよ」と言うものの、最後に必ず「それで自分が満足するなら」と付け加えたりする。そう言われると、負けず嫌いの僕としてはどうしても悔しくなってくるんですよ(笑)。それに、そういうやり取りを続けているうちに、本当に体調が悪いときでも僕自身から「練習を休みたくない!」と思うようになるんです。練習を休めば、その分周りの友達に差をつけられるわけですから、それが本当に嫌だと思うんですよね。そう考えると、やっぱりうまく親にコントロールをしてもらった部分は大きいのかな、と思いますね。」
のっぽくん
お母さんのサポートは大きかった、と?
飯沼さん
「そう思います。「水泳をやりたい」という僕の意思を尊重してくれましたし、送り迎えのようなサポートもしっかりしていてくれましたから。食事の面についても、体にいいといわれるものは何でも食べさせられましたし、サプリメントなんかもよく飲まされてました。でも、当時のサプリメントってあまりおいしくなかったので、それはそれで大変だったんですけどね(笑)。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る