「繰り返し」の作業が、何よりも大切:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 浅越しのぶプロフィール

1976年生まれ。兵庫県赤穂郡上郡町出身。園田学園中学校への入学をきっかけに硬式テニスを開始。’97年にプロ転向。’04年、カナディアン・オープンで杉山愛とのペアでダブルス優勝。その後のアテネ五輪ではダブルスベスト4と大活躍した。’06年に現役引退を発表。翌年結婚し、’11年に長女を、’14年に長男を出産。現役時代の自己最高ランキングはシングルス21位、ダブルス13位。WTAツアーで3度のシングルス準優勝、ダブルスで8勝を挙げた。

「繰り返し」の作業が、何よりも大切

のっぽくん
プロになってからは生活の中でどんなことを注意されていましたか?
浅越さん
「プロになってからは専属のコーチに一緒に帯同してもらっていたんです。また、グランドスラムのような大きな大会に出る前にはトレーナーにも帯同してもらって、3人体制で回っていましたね。そういう環境ができてからは、朝起きて食事をして、練習とトレーニングをして、体のトリートメントをして……と、毎日ルーティンで過ごしていくことができました。テニスプレイヤーというのは一見派手な印象に見えると思うんですが、実際は毎日毎日同じことの繰り返しで、やってることは地味だったりするんです(笑)。」
浅越さん
のっぽくん
逆を言えば、その繰り返しというのがとても重要ということになりますね。
浅越さん
「そう思います。繰り返しやることで集中力も高まりますし、平常心を保つこともできるようになりますから。「今日はこれもやったし、あれもやったし……」というように、成果が目に見えるというのもメリットですね。今から考えたら「よくあんなことをやっていたな」という想いもありますが(笑)。とにかく、同じことの繰り返しですからね。食事についてはいろいろなものを食べるようにはしてたんですが、基本的に毎日ほぼ外食じゃないですか。でも、試合前とかになると普段のパン食だとパサパサして喉を通りにくいので、コーチが持参した炊飯器でおにぎりを作ってくれたりして。お味噌汁は簡易的な固形のもので作るんですが、外国で飲むとすごくおいしいんです。そのように、毎日工夫をしながら過ごしていましたね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る