テニスにのめり込んだ小学校時代:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 浅越しのぶプロフィール

1976年生まれ。兵庫県赤穂郡上郡町出身。園田学園中学校への入学をきっかけに硬式テニスを開始。’97年にプロ転向。’04年、カナディアン・オープンで杉山愛とのペアでダブルス優勝。その後のアテネ五輪ではダブルスベスト4と大活躍した。’06年に現役引退を発表。翌年結婚し、’11年に長女を、’14年に長男を出産。現役時代の自己最高ランキングはシングルス21位、ダブルス13位。WTAツアーで3度のシングルス準優勝、ダブルスで8勝を挙げた。

テニスにのめり込んだ小学校時代

のっぽくん
ちなみに、浅越さんのご両親はどのような方だったんでしょうか。
浅越さん
「団塊世代で一般的な家庭だったと思います。父は厳しい人でしたが、逆に母はあまり「あれしなさい」「これしなさい」ということを口厳しく言わないような人。 基本的に優しいんですが、一度書道の習い事を嘘をついてサボったときはものすごく怒られました。でも、怒られた記憶はその程度かもしれません。」
浅越さん
のっぽくん
今、書道のお話が出ましたが、小さい頃から習い事には通われていたんですか?
浅越さん
「書道と公文を続けていましたね。あとは小学校4年生の終わりから軟式テニスを始めました。たまたま同級生が先に通っていて、「一緒に行こうよ」と誘われたのがきっかけです。 実は母も昔、ママさん軟式テニスをやっていたんですが、いざクラブに行ってみると、そのときのコーチが子どもたちを指導していて。そのコーチは、実はすごく怖い人だったんです。かわいがってくれるんですけど、「厚かましいおばちゃん×100」というような強烈なキャラクターで(笑)。 自分でもそういうキャラクターがわかってる先生なので、それがまた面白い部分でもあるんですけど。そんなこともあって、週に1回クラブに通っていましたね。 でも、私は基本的に飽き性なんですが、それでもやっぱりテニスが楽しくて。毎週木曜日が待ち遠しくて、「こんな楽しいことがあるんだ!」という感じでした(笑)。 学校でやるドッジボールのようなスポーツとは全然違う感覚ですし、ボールを打つ度にワクワクドキドキしてしまう、というか。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る