小学校卒業と同時に寮生活に:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 浅越しのぶプロフィール

1976年生まれ。兵庫県赤穂郡上郡町出身。園田学園中学校への入学をきっかけに硬式テニスを開始。’97年にプロ転向。’04年、カナディアン・オープンで杉山愛とのペアでダブルス優勝。その後のアテネ五輪ではダブルスベスト4と大活躍した。’06年に現役引退を発表。翌年結婚し、’11年に長女を、’14年に長男を出産。現役時代の自己最高ランキングはシングルス21位、ダブルス13位。WTAツアーで3度のシングルス準優勝、ダブルスで8勝を挙げた。

小学校卒業と同時に寮生活に

のっぽくん
そして、中学はテニスの名門・園田学園中学へ行かれています。
浅越さん
「元々父がスポーツ大好きな人なんですが、「せっかくやるなら、硬式のシングルスでやらせたい」という気持ちがあったようで。 それで、「硬式は軟式と違ってシングルスがあるけど、やってみるか」って言われたんです。何気なく「うん」と返事をしたら、次の日から学校を探し始めていて(笑)。 すると、兵庫県には、の当時園田学園と夙川学院という強豪校があって、特に園田に関しては寮生活ができるということで、そこに進学することになったんです。 でも、実際に寮に行ってみると、「えっ、こんなところに人が住めるの?」という感じで(笑)。とにかく古いんです。部屋も布団を2枚敷いたら足の踏み場がないほど狭いところで。」
浅越さん
のっぽくん
寮生活は大変だった、と?
浅越さん
「寮には小学校を卒業してすぐに入ったんですが、私としてはまだ小学生気分なんですよ。でも、春休みが明けるまで洗濯もご飯も全部自分でやらないといけなくなっちゃった。 そのため、数週間は自分でお弁当やお惣菜を買って来て、どうにか生活をするという感じでしたね。そんな状況なので何回もホームシックになりました。 でも、不思議と「家に帰りたい!」と口にしたことは一度もなかったんです。というのも、ラッキーなことに私の学年には私を入れて3人の同級生がいたので、彼女たちにすごく救われたんですよね。 それに、硬式をプレイするようになって、やっぱり面白かったんです。すべてを忘れれるというか(笑)。結局、朝から晩まで本当にテニス漬けになったんですが、それはそれでやっぱり楽しかったですね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る