「外遊び」が元気な体を作った!?:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 浅越しのぶプロフィール

1976年生まれ。兵庫県赤穂郡上郡町出身。園田学園中学校への入学をきっかけに硬式テニスを開始。’97年にプロ転向。’04年、カナディアン・オープンで杉山愛とのペアでダブルス優勝。その後のアテネ五輪ではダブルスベスト4と大活躍した。’06年に現役引退を発表。翌年結婚し、’11年に長女を、’14年に長男を出産。現役時代の自己最高ランキングはシングルス21位、ダブルス13位。WTAツアーで3度のシングルス準優勝、ダブルスで8勝を挙げた。

「外遊び」が元気な体を作った!?

のっぽくん
日本の女子テニスプレイヤーのトップに立つなど、数々の輝かしい功績を残されている浅越さんですが、小さい頃どんなお子さんだったのですか。
浅越さん
「元気で活発で、ずっと外で遊んでいるような子どもでした。兵庫県の赤穂という田舎に住んでいて、周りは山に囲まれていたので、遊び場所がたくさんあったんです。 それに、同級生も近所の子どもたちも多かったですし、4つ上の兄もいたので、毎日一緒になってかくれんぼや鬼ごっこ、ゴム跳びというような遊びをしてばっかりでしたね。家にいることなんて、ほとんどなかったように思います(笑)。 今は体操教室とか行って身体を動かすのが主流とかになってますけど、昔はそういうものもありませんから。自分で遊びを覚えて、あたりが暗くなるまで遊び倒す……という感じでしたからね。 その点、自分の子たちは都会で生まれていますし、ひとりで遊びに行かせるのも怖い気がします。だからといって、親が一緒だと夕ご飯のことが心配になる(笑)。 時間が限られていることを考えると、なかなかクタクタになるまで遊ぶっていうのは、難しい感じがします。そういう意味で、私が育った外で遊べるような環境というのはすごい贅沢だったなと思いますね。」
浅越さん
のっぽくん
そういう外での遊びが、後々のスポーツをする体作りにも繋がっている気がします。
浅越さん
「影響はあったと思います。子どものときはとにかく外で走り回っていましたから。あと、幼稚園と小学校が、歩いて40分ほどかかる場所にあったんです。毎日登下校でそれほど歩くわけですから、やっぱり基礎体力作りにはなっていたんじゃないかと思います。実際、通ってるうちに身体も慣れていきますし、「それくらい歩くのが当たり前だ」という意識でしたし(笑)。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る