渡嘉敷来夢さん・子どもでも、栄養補助食品は必要:スクスクのっぽくん

プロに聞く! プロフィール

渡嘉敷来夢
1991年埼玉県生まれ。Wリーグ・JX-ENEOSサンフラワーズ所属。中学生でバスケットボールをはじめ、その後名門・桜花学園高校に進学。 ‘08年には史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出。‘10年、JX日鉱日石エネルギーに入社。‘13年、日本代表としてアジア選手権で43年ぶりの優勝に貢献。大会MVP、ベスト5に選出された。

子どもでも、栄養補助食品は必要

のっぽくん
ということは、食事の大切さを実感したのは、最近のこと?
渡嘉敷さん
「高校のときから寮生活なので、1日の食事はしっかり摂っていたんですが、大切さを感じたのは、やっぱり実業団に入ってからですね。特に、最近はバスケだけでなく、トレーニングにも力を入れているので、エネルギーをどのようにチャージするかはすごく重要な問題なんです。例えば、身体に筋肉をつけるためには、トレーニング直後の30分の間に良質なたんぱく質を摂らないといけません。でも、食事の時間って、そこまでタイミング良く出てきたりしないですよね。だから、トレーニング直後は自分でプロテインを摂って栄養を補ったりしています。またプロテイン以外でも、試合中などのエネルギーが不足しているときは栄養価の高いゼリーで補給したり、遠征などで食事が片寄りそうなときはタブレットを積極的に飲むようにしています。」
渡嘉敷さん
のっぽくん
運動をしている10代の子どもたちも、そのような栄養補給はした方がいいのでしょうか。
渡嘉敷さん
「確かに、栄養士の方のお話では、最近では中高生の選手もプロテインやタブレットで補助的に栄養を摂るケースが多いという話を聞いたことがあります。その中でも、私の実感としては、カルシウムは本当に重要だと思っています。というのも、私の場合、高校のときもずっと身長が伸び続けていて、骨の成長が追い付いていなかったんです。だから、無理に練習をするとすぐオーバーワークになってしまって。そういうときは、先生が「骨を折らないように」って、小魚を食べさせてくれて(笑)。カルシウムのことは今でも気にしていて、1日に牛乳をたくさん飲むようにしていますね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る