渡嘉敷来夢さん・中学で訪れた、バスケとの出会い:スクスクのっぽくん

プロに聞く! プロフィール

渡嘉敷来夢
1991年埼玉県生まれ。Wリーグ・JX-ENEOSサンフラワーズ所属。中学生でバスケットボールをはじめ、その後名門・桜花学園高校に進学。 ‘08年には史上最年少の16歳で北京五輪代表候補に選出。‘10年、JX日鉱日石エネルギーに入社。‘13年、日本代表としてアジア選手権で43年ぶりの優勝に貢献。大会MVP、ベスト5に選出された。

中学で訪れた、バスケとの出会い

のっぽくん
小学校のときには高跳びで全国優勝をされているのだとか。すごい記録ですね!
渡嘉敷さん
「4年生のときから、高跳びの選手として陸上大会に出場するようになったんですけど、自己最高記録で138cmを飛んでしまって。そのため、小学校の卒業アルバムには、将来の夢に「陸上選手!」って書いてたんですけど…中学校に入ると、はさみ飛びではなくて、背面飛びをしないといけないじゃないですか。あれがどうしても怖くて。だから、その時点で「陸上の選手はあきらめよう!」と(笑)。それで、何の部活に入ろうか考えてたんですけど、そのとき兄がちょうど先にバスケ部に入っていて。楽しそうに部活をやっているのを見ていて、「私もやりたいな」と思うようになったんです。」
渡嘉敷さん
のっぽくん
バスケットボールにのめり込むようになったきっかけは?
渡嘉敷さん
「最初の中学校のチームは人数も少なかったし、あまり強いチームではなかったんです。それでも、みんなでわいわい部活をやっているのは楽しかったんですけど。のめり込むようになったのは、2年生のときに埼玉県選抜に選ばれたのがきっかけです。選抜の理由は「身長の高さ」ではあったんですけど、ちょうど同じ頃、部活の女子メンバーが足りなくて男子と一緒にバスケをやるようになっていて。すると、だんだんプレイがうまくなっていくじゃないですか。そのうち自然と「もっとバスケットができる環境に行きたいな」って思うようになって、知り合いの強い選手たちが集まる中学に転校することに決めたんです。」
渡嘉敷さん

陸上競技で138cmを飛び、金メダル

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る