俵万智さんに聞く「子供の言葉使いを直すコツ」:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 歌人・俵万智さん » 衣服のように、言葉も着替えてみよう

プロに聞く! 俵万智プロフィール

早稲田大学卒業後、国語教諭として高校に勤務。1987年に第一歌集『サラダ記念日』を出版、大ベストセラーになる。2003年に男児を出産。『プーさんの鼻』、『たんぽぽの日々』、『かーかん、はあい』など、子育ての日々を綴った歌集やエッセイは、多くの母親たちの共感を集めている。

「衣服のように、言葉も着替えてみよう」

のっぽくん
子どもの言葉遣いが気になります。「ウザ」、「KY」など、乱暴な言葉が多いです。もう少し綺麗な言葉を使ってほしいのですが…。
俵さん

よく乱暴な言葉を気にされる方がいらっしゃいますが、そういう言葉を使うのは、楽しいというか、言葉で遊んでいる感覚もあるような気がします。乱暴な言葉をわざと使うのは、それが乱暴だと分かっているということなので、ある意味、丁寧な言葉も知っているという面もあると思うんです。少し長い目で見てもいいんじゃないかな。色々な言葉を使いたがるのは決して悪いことではないと思いますね。

俵万智さん
のっぽくん
お友達同士だと、特に今どきの言葉を使いたいものなんでしょうね。
俵さん

ただ、言葉も、時や場面によって、上手に「着替え」ができればよりいいかなと思います。例えば、仲間うちではジーパンをはいて遊んでいても、目上の人と会う時や結婚式に行く時には服装を変えますよね。そんな風に、言葉を着替えられることは豊かなことだと思うので、子供には、「いつでもジーパンでいい訳ではないんだよ」と伝えられるとよいのではないでしょうか。

のっぽくん
「言葉を着替える」って素敵な表現ですね。
俵さん

ジーンズをはいているのは子供たちなりのファッションだから、それを全否定する必要はないと思うんです。でも結婚式にその格好はダメでしょ、と親が伝えるのは必要だと思いますね。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る