俵万智さんに聞く「読み聞かせの方法」:スクスクのっぽくん
TOPページ » プロフェッショナルに聞く!生きる力の育て方! » 歌人・俵万智さん » 絵本は親子のコミュニケーションツール

プロに聞く! 俵万智プロフィール

早稲田大学卒業後、国語教諭として高校に勤務。1987年に第一歌集『サラダ記念日』を出版、大ベストセラーになる。2003年に男児を出産。『プーさんの鼻』、『たんぽぽの日々』、『かーかん、はあい』など、子育ての日々を綴った歌集やエッセイは、多くの母親たちの共感を集めている。

「絵本は親子のコミュニケーションツール」

のっぽくん
絵本の読み聞かせの時間を大切にされている俵さん。親子で一緒に本を読むことの魅力は何でしょうか?
俵さん

子供が色々な世界を知る窓になるのが絵本だと思うのですが、まずライブで読むよさというのが、読み聞かせにはありますね。例えばテレビやCDだと、子供が理解できていなくてもそのまま進んでいってしまいますが、肉声で読んであげればダイレクトに心に届く。子供の反応を見ながら読めるという良さがありますね。

俵万智さん
のっぽくん
読みながら会話も楽しめますよね。
俵さん

そうですね。我が家の場合、読んでいるうちによく脱線してしまうんですけれど、それがコミュニケーションの一つになっているようにも思うんです。例えば、『花さき山』という絵本を読んだ時。このお話は、子どもが何か一つ優しいことや 我慢をすると、花さき山に花が一つ咲くというお話なんですが、その話を読みながら、「あなたの花は咲いてる?」って息子に聞いてみたことがあるんです。すると、「白い花が咲いてる」って答えが返ってきて。「何の花なの?」と聞くと、「幼稚園で友達が牛乳をこぼして泣いちゃって、ふいてあげたことがあるから白い花」ということだったんです。
そういう話って、幼稚園から帰ってきた時にも聞けそうなものですけれど、実際には難しい。待ち構えていて、「幼稚園どうだった? 面白いことあった?」って、前のめりになって聞いてしまうと、「普通。」とか「楽しかった。」くらいにしか答えてもらえなくて(笑)。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る