俵万智さんの子育て短歌:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 俵万智プロフィール

早稲田大学卒業後、国語教諭として高校に勤務。1987年に第一歌集『サラダ記念日』を出版、大ベストセラーになる。2003年に男児を出産。『プーさんの鼻』、『たんぽぽの日々』、『かーかん、はあい』など、子育ての日々を綴った歌集やエッセイは、多くの母親たちの共感を集めている。

「子育ての短歌」

のっぽくん
お子さんが生まれてから、子育ての日々を題材にした短歌を多く発表している俵万智さん。ご自身の歌の中で、特に印象深い作品を一つ挙げるとしたら、どの歌ですか?
俵さん

そうですね、子育てというか、まだ赤ちゃんの頃の歌ですけれど…。『バンザイの姿勢で眠りいるあこ吾子よ そうだバンザイ生まれてバンザイ』という歌があるんです。

のっぽくん
子どもを持つ母親なら誰しも見覚えがある、微笑ましい寝姿ですね。
俵さん

この歌は、息子が生まれた時の嬉しさをそのまま形にしたような、本当にシンプルな歌なんですが、初心に戻らなきゃと思うような時、例えば子育てをしていて、ついつい叱ってしまった時などに、この歌を思い出しますね。生まれた時は、「息をしているだけでも本当にありがたい!」という感謝の気持ちが強いものですけど、育ってくるとだんだん欲深くなってきて(笑)。

俵万智さん
のっぽくん
その気持ちよく分かります!
俵さん

小学生くらいになると、それこそ息をしているだけじゃあ足りなくて(笑)、もっと色々と出来なきゃ、などと思うようになりがちですが、そんな時は、この子がこの世に来てくれただけで嬉しかったあの頃の気持ちを、自分の中で再確認するためにも、この歌を思い出しますね。

のっぽくん
俵さんの歌からは、母親だからこそ味わえる幸福な想いが伝わってきます。子育ては煮詰まることもたくさんあるけれど、子どもと一緒に過ごすかけがえのない時間を大切にしたいと感じました。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る