妊娠の確率は年齢で変わる。初産の平均年齢はどのくらい?:スクスクのっぽくん
 »  » 妊娠の確率は年齢で変わる。初産の平均年齢はどのくらい?

妊娠の確率は年齢で変わる。初産の平均年齢はどのくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
妊娠・出産ガイド

妊娠の確率

妊娠は、排卵や受精、着床など様々なタイミングが重なることで成り立ちます。実はこの妊娠、年齢によって確率が違ってきます。今回は、妊娠の確率や平均的な出産年齢について、詳しく見ていきましょう。

年齢と妊娠の確率

女性は生まれつき卵子の数が決まっていると言われており、それらは体内に保存されています。その保存期間が長ければ長いほど、卵の質は悪くなるという研究結果があります。つまり、卵も歳をとるということです。

では、卵が歳をとり質が悪くなるとは、具体的にどういうことでしょうか。

それは、受精しにくくなったり、受精しても受精卵がうまく育たないところに影響してきます。受精卵が育たない場合は、流産となり、体が妊娠をリセットしてしまうのです。

また、妊娠の確率は、歳を重ねるだけ減ってしまうというデータもあります。

以下は、排卵日を理解して妊娠タイミングを狙った場合の妊娠する確率です。

◆25歳:25~30%

◆30歳:25~30%

◆35歳:18%

◆40歳:5%

◆45歳:1%

高齢出産と言われる35歳以上では、妊娠する確率が一気に小さくなります。40歳を超えると、妊娠することはかなりハードルが上がります。妊娠は簡単には成立しないものであることをご理解いただけたと思います。

年齢以外で妊娠の確率を上げる方法

年齢は変えることができませんが、日頃の生活の中で、妊娠の確率を上げることができます。ここでは、妊娠しやすい体づくりについて考えていきましょう。

妊活中の体質作り

不妊の原因の一つには、体の冷えが大きく関係しています。理由はいくつかありますが、一番は冷えが血液のめぐりを悪くさせることです。体が冷えるため、血液で運ばれるホルモンの循環が悪くなり、生殖機能を低下させるのです。また、冷えることによってホルモンの分泌量も減ります。排卵に必要なホルモンが足りず排卵障害になったり、十分に卵が育たなかったりもします。冷えは体のあらゆる不調を招きます。温かくして生活するように心がけましょう。

妊活中の食事

女性の社会進出が進み、就業率が上がりました。晩婚化で高齢出産率も高くなっています。以前と比べると、女性は仕事に家庭にと、忙しくなっています。時世を反映して、時間がなくても手軽に食べることができる食品、わざわざ作らなくても簡単に調理済の食事が手に入ります。ファーストフードやコンビニエンスストアの全国的なチェーン展開は、需要を反映するそのものです。

しかし、これらには、衛生上問題がないようにするために、防腐剤や添加物が入れられていることが多く、それが人体に影響を与えると言われています。ただ、食品添加物を完全に口にしないというのは難しいことです。妊活を始めるにあたっては、新しい命を授かるという意味からも意識と行動の転換をする必要があります。バランスの良い食事、不摂生の無い・少ない食事は基本です。少しずつできることからでいいので、調味料や材料、食事の内容に気をつかうなどを心がけましょう。

妊娠出産の平均年齢

厚生労働省が発表している、平成26年の「第一子出生時の母親の平均年齢の年次推移」を見てみると以下のとおりになっています。

◆平成7年:27.5歳

◆平成17年:29.1歳

◆平成23年:30.1歳

◆平成26年:30.6歳

※出典:「第一子出生時の母親の平均年齢の年次推移」、平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況、厚生労働省

このように、妊娠出産の平均年齢は年々高くなっています。同時に、高齢出産が増えている現実があります。これらは、女性の晩婚化にも起因していますが、昨今の不妊治療をはじめとする医療技術の向上も大きな要因となっています。

「年齢が上がっても妊娠できる」という期待が高まる一方で、卵子の質の低下、不妊症や先天異常などが懸念されるようになりました。これに伴い、35歳以上の高齢で出産を考える場合、出生前診断を受けるという妊婦が増えています。特に、2013年からは、従来の出生前診断に加えて、新型出生前診断(NIPT)がスタートしています。

以前と比べると、医療技術が進化し、子育て環境も充実して高齢出産でも安心して臨むことができるようになりました。総合的にみても、妊娠出産がしやすくなっていると言えるでしょう。

【参考資料】

・「母子健康手帳 副読本」公益財団法人母子衛生研究会、2015年

http://www.mcfh.or.jp/

・厚生労働省 平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai14/dl/gaikyou26.pdf

・「出生前診断」日本医師会

http://www.med.or.jp/doctor/member/kiso/d27.html

妊娠に関する基礎知識

妊娠したい 妊娠したら 妊娠かも?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る