妊娠6カ月目(20~23週):体の変化や気をつけるべきこと:スクスクのっぽくん
 »  » 妊娠6カ月目(20~23週):体の変化や気をつけるべきこと

妊娠6カ月目(20~23週):体の変化や気をつけるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
妊娠・出産ガイド

妊娠6カ月(20~23週)

妊娠6カ月は、妊娠生活の中では過ごしやすい安定期になります。お腹は大きくなると同時に前にせり出してきます。赤ちゃんは、超音波の画面に入りきらないくらいに体が大きくなります。

【ママの体の変化】

妊娠6カ月(20~23週)

妊娠6カ月になると、ほとんどのママがはっきりと胎動を感じることができるようになります。お腹が大きくなることで、マイナートラブルも出てきます。

妊娠6カ月では、以下のような症状がでてきます。安定期であっても、不快症状が強いときは受診しましょう。

お腹が前にせり出してくる

子宮は大人の頭よりも大きくなり、お腹が前にせり出してきます。バランスをとるために、反り返るような姿勢になるので、腰痛が発生するママもいます。

体重が増えてくる

赤ちゃんも大きくなりますが、ママの体にも皮下脂肪がついてくるため、この頃から体重が一気に増えてきます。

母乳がにじみ出る

乳腺が発達し、乳房が大きくなります。母乳を作るためのプロラクチンというホルモンが分泌されることで、乳頭から乳汁がにじみ出てくる場合もあります。

便秘・頻尿・尿漏れ

子宮が一段と大きくなり、ホルモンバランスが変わるため、便秘や尿漏れが発生しやすくなります。膀胱が圧迫されることによって頻尿も出てきます。

足がつる(こむらがえり)

お腹を支える足に負担がかかり、ふくらはぎの筋肉がけいれんして足がつる“こむらがえり”が起こりやすくなります。

【お腹の赤ちゃんの様子】

妊娠6カ月になると、赤ちゃんはより大きくなり、超音波で見ても全身を確認することができなくなります。妊娠週数に対して赤ちゃんの成長が適正であるかも確認が入ります。

大きさ

身長(頭殿長):約30cm
頭部:約6cm
体重:約600g

体の機能

赤ちゃんの消化機能が発達し、羊水を飲んで尿として排出するようになります。外性器も形がはっきりしてくるため、この頃に性別がわかるようになります。まつ毛や眉毛も生え始め、髪の毛も濃くなります。脳の神経が発達するのに伴い、感覚が全般的にするどくなり、聴覚をはじめ、皮膚感覚、嗅覚などの感覚が備わってきます。

【気をつけること】

腰痛と体重管理

体重が増えすぎると、妊娠中毒症や妊娠糖尿病を発症し、お産のときにトラブルが発生しやすくなります。大きなお腹のために姿勢が反り返るので、腰痛が発生しやすくなります。適度な運動で、心身共に健康状態をキープするよう心がけましょう。

おっぱいの手入れ

産後は母乳で育てたいというママは、今のうちからケアしていきます。乳頭や乳輪部の軽いマッサージから始めます。ただし、乳房を刺激すると、お腹が張ったりするため、必ず医師や助産師の指導を受けてから始めるようにします。

妊娠線対策

お腹が大きくなるときに、皮膚がその成長についていけずに割けてしまいます。皮膚を伸びやすくするために、マッサージやクリームで妊娠線を防止しましょう。

健診・流産・切迫流産

健診は4週に1回の頻度です。子宮の収縮が頻繁だったり、強いときは横になり安静にします。出血がある、張りがいつもと違うと感じたら、健診日を待たずに受診しましょう。

デンタルケア

出産間近や赤ちゃんが産まれた後では、歯科にもなかなか行けなくなります。今のうちに歯科検診をうけて虫歯を治療しておきます。

アルコール・タバコはやめる・カフェインを控える

アルコールやタバコ、カフェインの影響で、赤ちゃんの流産や早産、発育遅延、先天異常がみられると指摘されています。受動喫煙にも注意しましょう。

旅行や引越しはゆったりスケジュールで

安定期には、旅行や引越しを計画する家庭が多くなります。遠出をする場合は、事前に医師に相談する、母子手帳や保険証を旅行先に持参する、旅行先の医療機関を調べておく、交通手段を無理のないものにする、重い荷物は持たないことを意識します。引越しは、できるだけ業者にやってもらうなど、ゆったりしたスケジュールで計画しましょう。

【検査と手続き】

里帰り出産の手続きをする

里帰り出産をする場合は、転院の手続きが必要です。現在定期検診を受けている病産院から、転院先の先生あてに紹介状を書いてもらうことになります。里帰り先に帰省することがあれば、転院先の病産院に事前に顔を出しておくことをおススメします。

母親学級・両親学級・妊娠体操

母親学級・両親学級・妊娠体操 行政や病産院が主催する母親学級、両親学級に参加してみましょう。健康維持のため妊娠体操が推奨される時期ですが、妊娠の経過にもよるので医師の確認をとってから行いましょう。

【参考資料】
・「母子健康手帳 副読本」公益財団法人母子衛生研究会、2015年
http://www.mcfh.or.jp/

妊娠に関する基礎知識

妊娠したい 妊娠したら 妊娠かも?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る