小学生の年齢別平均身長(男子/10歳/4年生):年齢別平均身長・成長曲線一覧
 »  » 子供の年齢別平均身長(男子)10才(小学4年生)
のっぽくんDATA

子供達の成長期の悩みや成長について、データや専門家の意見等から、しっかりとした知識をつけていただけるよう、のっぽくんがご案内します。

子供の年齢別平均身長(男子)10才(小学4年生)

現在のお子様の身長を確認してみましょう!
ただし、身長の伸びには個人差があります。現在の身長はあくまでも参考として、長期的な視点から、お子様の身長が伸びやすい環境を整えてあげてください。

男の子の年齢別平均身長と平均体重

男の子の年齢別平均身長と平均体重


10才(小学4年生)男の子の平均身長

10才男の子の平均身長は以下の通りです。
10歳0ヶ月から、11歳0ヶ月までの1年間で、平均5.0cm伸びます。

→今が成長のチャンス!10才(小学4年生)男の子の成長の特徴

10歳平均身長-2SD-2.5SD
0ヵ月136.4124.6121.7
1ヵ月136.8124.8121.8
2ヵ月137.3125.3122.3
3ヵ月137.7125.7122.7
4ヵ月138.2126.0123.0
5ヵ月138.6126.4123.4
6ヵ月139.1126.9123.9
7ヵ月139.6127.2124.1
8ヵ月140.1127.5124.4
9ヵ月140.7127.9124.7
10ヵ月141.2128.2125.0
11ヵ月141.7128.5125.2

※-2SD以下は、医学的には低身長と考えられています。お子様の年齢と身長を確認し、-2SD以下の場合は、早めに一度小児科にてご相談されることをお勧めします。

年齢平均成長率(cm)-1.5SD
10〜115.04.0

10才(小学4年生)男の子の成長の特徴

年間の成長率をみてみると、男の子は8歳までは、年間5〜7cmずつ伸び続けますが、その後少し身長の伸びが緩やかになります。10歳から11歳にかけての男の子の平均成長率は、5cmです。

年間の成長率をみてみると、男の子の場合は、12〜13歳で約8.6cm、そして13〜14歳で約8.7cmと大きく成長します。つまり、これから3、4年間がお子様が一番成長しやすい時期といえます。

身長が伸びる仕組み

身長は、骨の両端にある、骨端線という軟骨の部分が膨張することによって伸びるのですが、男子の場合16歳前後、女子の場合15歳前後くらいで思春期を終え、骨端線が閉じてしまいます。残念ながら、この骨端線が閉じてしまったあとは一般的には身長は伸びないとされています。


健やかな成長のためには、バランスの良い食事と質の良い睡眠、適度な運動が重要です。成長期の1日1日を大切に過ごして、身長が伸びる可能性を高めていきましょう。


普段の食事で栄養バランスが気になる方は、食事のプラスアルファとして、成長に必要な栄養素をバランスよく配合してあるカルシウムグミもお勧め致します。

gumi_qa

成長期のお子様に大人気!栄養機能食品カルシウムグミがおすすめです
カルシウムグミは、成長期に不足しがちな栄養素をぎゅっと凝縮したグミタイプの栄養機能食品です。普段の食事プラスαで手軽に補給!今なら無料サンプルプレゼント中♪→詳しくはこちら

男の子の成長曲線

成長曲線

専門家からのアドバイス

栄養士見出し

カルシウムの食事摂取基準
  男子 女子
日本人の食事摂取基準
(2015年版)※注1
1,000mg 800mg
国民栄養の現状※注2 640mg 609mg

※注1…日本人の摂取量の基準を示したもの。
(対象:12~14才)

※注2…国民健康・栄養調査 平成26年度
(対象:7~14才)

成長に欠かせないカルシウム、充分摂れていますか? 骨や歯の形成に必要で、子供たちの健康的な成長にとって欠かせない栄養素「カルシウム」。しかし、右表を見ると日本の多くの子供たちが厚生労働省が定めるカルシウムの摂取目安量を満たしていないのが現状です。

栄養は食事からしっかりとバランスよく摂ることが理想的ですが、なかなか十分な食事を摂れないこともあると思います。特にカルシウムは食材によって吸収率がバラバラで安定して摂るのが難しい栄養素です。

そのような場合には、子供向けの栄養食品などを上手に活用することもおすすめします。栄養が不足してしまうと成長にも大きく影響が出ますので、なるべく毎日十分な量の栄養が摂れるよう心がけていきましょう。

カルシウムをはじめ、マグネシウム・ビタミンD等を子供達のためにバランスよく配合されたカルシウムグミもおすすめです。

現在、カルシウムグミ期間限定で無料サンプルをプレゼントしておりますので、まずはお気軽にお試しくださいませ。

※「SD」とは標準偏差のことです。-2.5SDを下回ると、何らかの原因によって、成長ホルモンなどの分泌が妨げられている可能性がありますので、小児科にて検査されることをおすすめします。

pdfファイル

このページのデータはPDFファイルもございます。
印刷したい場合や、データをダウンロードしたい方は是非ご利用ください。

■男の子の平均身長のデータを見る

PDF

■男の子の成長曲線のデータを見る

PDF

データ一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る