明橋大二さん・二極化している「親の不安」:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 明橋大二プロフィール

1959年大阪府生まれ。京都大学医学部を卒業後、公立病院への勤務を経て、現在真生会富山病院心療内科部長。専門は精神病理学、児童思春期精神医療。また小学校スクールカウンセラーや児童相談所嘱託医としても活躍。NPO法人「子どもの権利支援センターぱれっと」での診療のかたわら、年100回以上の講演活動と執筆活動も行なう。

親もまた、自信をもたなければいけない

のっぽくん
先生はこれまでの経歴の中で様々な子育てのケースに出会われていると思いますが、「最近の子育ての傾向」というものはありますか。
明橋さん
「「今の親は…」「今の子どもは…」という言い方をする人がよくいますが、基本的には子育ての状況は悪くなっていないと思いますね。最近は育児に注目が集まっていますし、今ほど子育てをちゃんと考えている時代はないんじゃないかという気もするぐらいです。しかし、実際の子育ての現場を見てみると、二極化している傾向はあるように感じています。ひとつは「ネグレクト(育児放棄)」。子どもにまともなご飯を与えていなかったり、服を洗濯してもらっていなかったり、生きていくのに必要な物事を放棄されているケースですね。もうひとつは「過干渉」や「過保護」。子どもことを1から10までチェックして、ことあるごとに口を出してしまうというケースです。」
のっぽくん
どうしてこのような極端な傾向が生まれているのですか。
明橋さん
「ひと言で言えば、親の不安、ということでしょうか。もっと言えば、親自身の自己肯定感が薄いとも言えるかもしれません。ネグレクトでは、意気込んで子育てをしようと思ったものの、周りのサポートも得られず、子育てをする自信もなくなってしまって、最終的には疲れ切ってしまうという流れがあると思います。過干渉、過保護のケースでも、実は親自身の人生が満たされていないことが非常に多い。そのため子どもを通して不安を解消しようとしている部分があると思うんです。だから、子育てをする親自身も、実は自信を持たないといけないんですね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る