明橋大二さん・「甘え」が自分の価値を実感させてくれる:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 明橋大二プロフィール

1959年大阪府生まれ。京都大学医学部を卒業後、公立病院への勤務を経て、現在真生会富山病院心療内科部長。専門は精神病理学、児童思春期精神医療。また小学校スクールカウンセラーや児童相談所嘱託医としても活躍。NPO法人「子どもの権利支援センターぱれっと」での診療のかたわら、年100回以上の講演活動と執筆活動も行なう。

自立の課程で感じる不安を解消できる「甘え」が必要

のっぽくん
先ほどの「大人になってから出てくるような症状を持っている子」ということですね。
明橋さん

「子どもの心というのは、甘えと反抗を繰り返して大きくなっていくと言われています。まず赤ちゃんとして生まれたとき、子どもは完全に親に依存した状態で生まれてきますよね。そこで子どもがもらうのは「安心感」です。一方、十分甘えて安心感が得られるようになると、今度はその安心感を飛び越えて「自立」の世界に向かうようになる。しかし、自由な世界を満喫すると、今度は「不安」を覚えるようになるんですね。すると、子どもは元の場所に戻ってきて、安心感を得ようとするんです。子育てをする上で、このような心の揺れ動きを読み取ることは、親御さんにとって子どもへの大切なアプローチになるのではないか、と思います。」

明橋大二先生
撮影:山本哲志
のっぽくん
このような心の揺れ動きに寄り添うことが、自己肯定感を育むことになる、と。
明橋さん
「特に甘えさせるのは、重要だと思いますね。「甘え」は「相手の愛情を求める」こと。そのような甘えが満たされると、自分を「愛される価値のある人間」だと実感できるんです。しかし、甘えが満たされないと、自分を無価値な人間だと感じるようになるだけでなく、周囲に対する不信感や怒りを募らせるようになってしまいます。ただ、「甘えさせる」のと「甘やかす」のは大きく違うので、その部分は注意が必要。ケースバイケースなのですが、大人の都合で子どもを支配して、過干渉や過保護に物事を行ってしまうのは「甘やかす」行為になるでしょう。それでは、子どもの自立心にふたを閉めるようなものなので、あくまでも子どものペースを尊重して物事を行う「甘えさせる」行為を大事にすることが必要なんです。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る