オスマン・サンコンさん・動物や植物の世話から学んだこと:スクスクのっぽくん

プロに聞く! オスマン・サンコンプロフィール

1949年生まれ、ギニア出身。ギニア大学およびソルボンヌ大学で学んだ後、ギニア外務省入省。1972年に来日し、駐日ギニア大使館に勤務。その後テレビタレントとしても活躍。タレント活動のかたわら、講演会やボランティア活動など行うほか、ギニア大使館補佐官としても活動している。06年には、サンコン小学校をギニアに設立した。

自然との共存

のっぽくん
親からは包み込むような愛、兄妹からはともに生活を学んできたとおっしゃっていましたが、それ以外にこの経験は貴重だったと思うことはありますか?
サンコンさん

「私の家では、家畜と樹の世話を子どものころから1人でひとつ担当する決まりがありました。たとえば、家畜にはそれぞれ世話する動物がおり、兄妹によって違います。ヤギの人もいればニワトリの人もいる。ちなみに、担当の動物は子どものころから変わらず、ずっと育てていきます。ご飯を食べさせるために牧草地に連れて行ったり、体をキレイにしたり・・・。毎日の生活に動物と向き合うシーンがあるのです。 このことにより、動物を愛する心が学びましたね。また、自分ではどうしようもできないことも。動物は言葉が話せないですから、兄妹よりも心を通わすことは難しいですから。」

サンコンさん
のっぽくん
毎日世話をしないといけないのは大変ですね。
サンコンさん

「そうですね。自分がサボってしまうと死んでしまうということもありますから、責任重大です。生かすか殺すかを担っているわけですよね。 あと動物以外に、樹も育てていきます。ギニアでは自分が生まれた際のお披露目会でへその緒とともにひとつの樹を植える慣わしがあり、各々、自分とともに年を重ねていく樹があるのです。この世話を子どものときから担当します。 こちらも、水をあげないと大変なことになってしまいますよね。その水も、遠い井戸から汲んでこなければならないのです。そうやって育てた樹は、本当に愛着のあるものになります。自分と同い年の樹とともに称えあって成長していくのですから。」

のっぽくん
生活の一部から、自然の大切さを学ぶのですね。
サンコンさん

「自然と共存していく、といっても間違いないと思います。そして、育てる楽しさも学びながら、人間の一番大事な敬う心が自然と身についていきます。動物や自然をいじめるなんて考えられなくなりますからね。生活に密着しながら心の豊かさを学びましたね。日本では家畜がいるという家はあまりないと思うので、ペットを育てることはいいことかもしれませんね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る