オスマン・サンコンさん・ギニアの子どもの夏休み:スクスクのっぽくん

プロに聞く! オスマン・サンコンプロフィール

1949年生まれ、ギニア出身。ギニア大学およびソルボンヌ大学で学んだ後、ギニア外務省入省。1972年に来日し、駐日ギニア大使館に勤務。その後テレビタレントとしても活躍。タレント活動のかたわら、講演会やボランティア活動など行うほか、ギニア大使館補佐官としても活動している。06年には、サンコン小学校をギニアに設立した。

ギニアの学校

のっぽくん
日本はいま夏真っ盛りですが、ギニアにも夏休みはあるのですか?
サンコンさん

「もちろんありますよ。夏休みは7月から始まり、10月2日の独立記念日までの3か月あります。この時期、ギニアでは雨季になっているのと、やはり暑いということもあるので、お休みですね。 夏休み中は、日本の子どもたちと変わらず、よく遊びました。それこそ、川に行ったり自然の中でしたけど。もちろん、宿題もちゃんと出ましたね。夜は外灯がないため、月明かりに照らされながら、兄妹に教えてもらって勉強しました。本当に日本の学生と変わらないですよ。」

サンコンさん
のっぽくん
どんな勉強をするのですか?
サンコンさん

「様々な教科がありますが、一番の特徴としては、ギニアでは小学校に入ったら、まずフランス語を学びます。それまでは各家庭によって違うのですが、ギニア語をメインで話しています。しかし、学校に入ったら、校内ではギニア語は禁止で公用語がフランス語になるんです。日本では考えられないことですよね。ちなみに、高校に入ると英語やスペイン語など第二外国語を学んでいきます。ギニアの子どもたちは、語学が堪能ですね。」

のっぽくん
では、遊びはどんなことをしていましたか?
サンコンさん

「子どもたちは、木登りをしたり、川で遊んだり、サッカーをしたりします。木登りは、マンゴーやココナッツ、椰子の木などに登りますね。友達同士で、スピード重視の大会を行ったりして・・・。私は、速く登るために、ハチミツを体につけて登ったことがあります(笑)。みんな勝つために必死で、いろいろ対策を考えていましたね。サッカーは主流なスポーツですね。私たちはサッカーボールを買うお金がなかったので、靴下を丸めてボールを作ったりしていました。今思うと、お金がない中、工夫して遊んでいた記憶がありますね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る