少年サッカー「欧米の指導方法」:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 品村敏明

日本人として初めてドイツにサッカー留学を果たし、帰国後は読売サッカークラブでプロ選手として活躍。引退後は日本サッカー協会にて、長年にわたり少年サッカーの育成委員やU12日本選抜監督などを務めた。

失敗をすることで選手は成長する

のっぽくん
日本の監督が叱咤激励タイプなのに対して、ヨーロッパの監督は褒めて伸ばすタイプということですが、具体的な指導方法については、どのような違いがあるのでしょうか?
品村さん

欧米の指導者は、まず「こうやれ」と具体的な指示を出すことが少ないですね。「どうしたら良くなると思う?」と子供と話し合いながら指導する。子供自身に考えさせます。だから当然試合中には失敗も多くなります。でもそれも良しとする。失敗を多く経験する方が選手は成長します。ヨーロッパではその点を重視して指導しているように思いますね。

品村敏明さん
のっぽくん
具体的な方法を教えるというよりも、子供が自分自身で考える力を身に付けられるようサポートしているんですね。
品村さん

それに対して、日本のサッカーは失敗しない方法を教えるのが主流だと思います。そして試合で失敗すると叱る。叱られると子供たちは失敗を恐れて冒険をしなくなるから、創造的なサッカーをできる選手が育たなくなってしまいます。欧米の選手のような創造性豊かなサッカーをするためには、柔軟な発想力が必要です。試合の中で多くの失敗を重ねることで、そのような力が育まれていくので、日本も欧米式に、子供にはもっと失敗させるべきです。試行錯誤する経験を積ませることが、選手の成長には必要だと思っています。

のっぽくん
具体的な指導方法も、日本と欧米では大きく違うんですね。

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る