スクスク親子お悩み相談06 | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
心理カウンセラーに聞く!すくすくのっぽお悩み相談室

スクスク親子お悩み相談06

子どもの成長には、ココロの安定、ワクワクが不可欠!

このコーナーでは、鈴木先生が心理カウンセラー、スクールカウンセラーの経験から、お母さんや子どもたちの悩みにお答えします。学校でのこと、心配ごとや悩みごとはありませんか?

「毎年クラス替えの季節に気持ちが不安定に・・・」

この春小学4年生になる娘なのですが、クラスが変わるたびに、友だちができるかとても不安になるようです。新しいクラスメイトと友だちになることが苦手なようで、春休みが終わる頃にはいつも落ち着かない様子を見せたり、「友だちができるかな・・」ともらしたりします。実は私も娘くらいのときに、同じようなことで不安だったことを思い出しました。自分も苦労したことなので、あまり偉そうなことはいえませんが、何かアドバイスしてあげたいと思います。

じっくりと見守り、安心感を「経験」させてあげましょう

新しい学校、クラスになる際に、自分がクラスに溶け込めるのかを心配するお子さんは少なくありません。新しい場面や環境に対して不安を覚えるのは、気質的な要素もありますが、その子の「捉え方」によるところも大きいといえます。

まずは、元々緊張する度合いの強いお子さんも含め、緊張を覚えること、不安になることをあまり否定しないことがポイントです。緊張や不安を払しょくするのではなく、緊張しながら、不安を抱えながらでも、徐々に溶け込んでいけるようにあたたかく見守るスタンスが大切なのです。

また、新しい場面にのぞむにあたり、「自分は受け容れられるのか?」「自分を否定、拒絶されたりはしないだろうか?」という不安を持ちやすい場合は、お子さんの中にある「他者(集団)は自分にとって脅威である」という否定的な捉え方が起因していることがあります。

ご質問の中で、お母さんご自身も覚えがあるとのことですが、この「他者への無意識の否定感、警戒感」は、大人にもみられます。

解決のポイントは、普段の会話のなかで、安心感を「経験」できるようにしてあげること。お子さんが一番安心できる瞬間とは、自分の言いたいこと、そのときの思いを「理解された」と実感できたときです。「友だちできるかな・・・」という言葉には「一人もできなかったらどうしようかって心配?」とか「一緒にいられる友だちができたらなって思うのね」という風に、お子さんの不安(な訴え)や願いを、お母さんの言葉で言い換えてあげると、お子さんは自分の気持ちを受け止めてもらえたと感じます。

自分の不安な気持ちを理解されたと”実感できた”とき、お子さんは「不安がっている自分でもいいんだ」と思え、より具体的なことを話してくれます。また、この経験の積み重ねが、不安や緊張を徐々に軽減していってくれるのです。

鈴木~鈴木雅幸先生プロフィール~
心理カウンセラー。東京港区で小学校のスクールカウンセラーを3校歴任。現在は子育ての悩みなどの教育相談、子どものカウンセリング、子育て勉強会・ワークショップなどを実施。高校生と中学生の2児の父親でもある。趣味はキャンプ・ジョギング。
■オフィシャルサイト
http://www.counseling-net.com/
ページTOPへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子さん
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵さん
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦さん
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐さん
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る