スクスク親子お悩み相談02 | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
心理カウンセラーに聞く!すくすくのっぽお悩み相談室

スクスク親子お悩み相談02

子どもの成長には、ココロの安定、ワクワクが不可欠!

このコーナーでは、鈴木先生が心理カウンセラー、スクールカウンセラーの経験から、お母さんや子どもたちの悩みにお答えします。学校でのこと、心配ごとや悩みごとはありませんか?

「学校で『無視』を呼びかける手紙が回ってきます。」

小学校高学年の娘を持つ母です。クラスの中で度々「この子を無視しよう」という手紙が回るようで、娘も一度ターゲットにされたことがありました。翌日になると何事もなかったように元通りになるとのこと。無視を呼びかける子も、それに従う子も皆遊び感覚というか、なんとなくやってしまうようです。このようなケースは、担任の先生へ相談した方がよいでしょうか。それとも、これくらいのことを「いじめ」と捉えるのは大げさでしょうか

クラスの人間関係を踏まえた上で、適切な対処を

高学年ともなると女子の人間関係が複雑化し、ご相談の件のように様々な問題が起きがちです。中には担任の先生に相談することで解決に向かうケースもありますが、逆に波紋を拡げ、問題を悪化させてしまうということも考えられます。

そこまで想定した上で、先生への相談については考えましょう。いじめへの対応として重要なのは、女子のグループやクラスの人間関係をしっかりと把握することです。

そこで形成されている関係によって、アプローチの方法も変わってきます。

例えばクラス全体が不健康な集団で、「無視」などがその結果として起きる問題であるならば、個々のいじめへの対応だけではなく、集団(クラス)の健全化にも取り組むことが必要です。次に、深刻ないじめかどうかの基本的な判断基準についてお伝えします。子どもが不登校に追い込まれたり、深刻なダメージを受けたりするのは次のようなケースです。

①一方的にやられ続けている場合
②一対集団という構図になっている場合

一緒にいられる仲間がいたり、本人もやり返す余地があったりすればまだしも、①②のケースでは、クラスに居場所を失い、子どもは完全に追い詰められ、学校に行けなくなってしまう場合が多いのです。この両者は完全に「いじめ」と捉えて対策を講じるべきでしょう。

いじめの解決で重要なのは、いじめを受ける子のケアと、いじめを行う子のケア、集団の健全化の3つです。いじめを行う子もまた、そのほとんどが心に何らかのダメージを負っています。

いじめを受けた子には告白を迫り、いじめを行った子どもには厳しい指導、その他の子にはいじめ調査をするといったような従来の対応では、いじめはさらに水面下に潜航し、解決がますます困難になってしまいます。

いじめをする側、される側、全ての子に目を向けて解決を図ることが大切です。

鈴木~鈴木雅幸先生プロフィール~
心理カウンセラー。東京港区で小学校のスクールカウンセラーを3校歴任。現在は子育ての悩みなどの教育相談、子どものカウンセリング、子育て勉強会・ワークショップなどを実施。高校生と中学生の2児の父親でもある。趣味はキャンプ・ジョギング。
■オフィシャルサイト
http://www.counseling-net.com/
ページTOPへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子さん
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵さん
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦さん
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐さん
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る