スクスク親子お悩み相談05 | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
心理カウンセラーに聞く!すくすくのっぽお悩み相談室

スクスク親子お悩み相談05

子どもの成長には、ココロの安定、ワクワクが不可欠!

このコーナーでは、鈴木先生が心理カウンセラー、スクールカウンセラーの経験から、お母さんや子どもたちの悩みにお答えします。学校でのこと、心配ごとや悩みごとはありませんか?

「仕事が忙しく、子供とゆっくり過ごしてあげられません。」

小4の息子のことでご相談です。年末にかけて母親の私の仕事が忙しくなり、帰りも遅くなります。その間、息子は家で留守番をしているのですが、寂しい思いをさせてはいないかと心配になります。息子に訊くと「大丈夫だよ」と平気な様子なのですが、親としては「我慢しているのでは?」と心配になります。

ちょっとした「工夫」の積み重ねで親子の絆を深めましょう。

お母さんがお勤めで帰宅時間が遅くなる場合、お子さんが小さいうちは、いろいろ心配になることもあるでしょう。今回のご相談のように、小学四年生のお子さんですと学童保育の対象外となりますので、夕方から一人で留守番ということになるご家庭も少なくないかと思います。そこで、実際にお子さんが、お母さんがご心配されるように寂しい思いをしているのかどうかというところが、今回のご相談の焦点となりましょう。お子さんの口から寂しさを匂わすようなニュアンスの言葉や表現が実際にあったのかどうか。ご相談文をみますと、お母さんからの問いかけに、「大丈夫だよ」という言葉が返ってきているとのこと。また、お母さんから見ても「平気な様子」とあることから、今の時点でお子さんがもの凄く寂しい思いをしているということではなさそうです。この他にも特にご心配に思える様子がないのであれば、今の段階ではいたずらに心配をするよりも、お子さんがこれから寂しい思いをしないような「工夫」を考えていく方が良さそうです。

例えばお子さんが学校から帰ってくると、食卓におやつが置いてあり「今日のおやつです。牛乳はレンジで温めて。お友達の家に遊びに行くのなら、おやつは持って行って皆で食べてくださいね」などといったメモ書きが添えてあったらどうでしょう。おやつだけ置いてあるよりも、温かい気持ちになるはずです。あるいは、交換日記のやり取りをしているお母さんとお子さんもいます。面と向かって言いづらいことでも、ノートを通して交わせることもあるでしょう。そして留守番をしている時に、そのノートが読み返せたりもします。

こうしたちょっとした工夫によって、お母さんとお子さんのつながりが一つではなくなります。またこれらの工夫は、ほんの少し手をかけるだけでよいので忙しいお母さんにも手軽に出来ると思います。そして、こうしたちょっとした心遣いがお子さんの心の中で「ぬくもり」の記憶として、生涯にわたって生きていくことになるのです。

鈴木~鈴木雅幸先生プロフィール~
心理カウンセラー。東京港区で小学校のスクールカウンセラーを3校歴任。現在は子育ての悩みなどの教育相談、子どものカウンセリング、子育て勉強会・ワークショップなどを実施。高校生と中学生の2児の父親でもある。趣味はキャンプ・ジョギング。
■オフィシャルサイト
http://www.counseling-net.com/
ページTOPへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子さん
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵さん
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦さん
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐さん
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る