スクスク親子お悩み相談07 | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
心理カウンセラーに聞く!すくすくのっぽお悩み相談室

スクスク親子お悩み相談07

子どもの成長には、ココロの安定、ワクワクが不可欠!

このコーナーでは、鈴木先生が心理カウンセラー、スクールカウンセラーの経験から、お母さんや子どもたちの悩みにお答えします。学校でのこと、心配ごとや悩みごとはありませんか?

「学校の話をしなくなってきました。」

小6の男児の母親です。5年生の後半くらいから、段々学校の話を家でしなくなってきました。それ以前は比較的いろいろ、学校であったことや先生のことなど話してくれたのですが、今はこちらが聞いても「別に」などと言って話さなくなりました。特に学校で問題があったり、嫌な目に遭っていたりするということはないと思いますが、夏休みには親子でいる時間も増えるため、家での会話や接し方など、アドバイスをいただきたいです。

まずは「思春期」周辺のお子さんを理解することから。

小学校6年生というと、いわゆる思春期に入る前段階といえますね。思春期というのは、特に男子の場合、その多くが中学1年の夏くらいから急激な変化を見せ始めるものです。男児は早いと5年生くらいから、女児は4年生から口数が少なくなったり、大人を見る眼やその態度がよりシビアになってきたりするものです。お母さんの言うとおり、学校では特に心配な状況がないのだとすれば、年齢と共に出てくるそうした変化によって口数が少なくなってきていると捉えるのが妥当でしょう。

思春期、または思春期間近の学童期の子どもたちは、年齢と共に、ものを見る眼やものの捉え方が大人に近づいていきます。しかし、自分の内面を言語化するとか、言いたいことを言葉にするという点ではまだまだ未熟なため、自己主張をしようとすると、手荒い感じになってしまったり、感情的な態度になってしまったりするのです。まだまだアンバランスさが目立つ時期といえますね。

一般に反抗期と我々大人が捉えている子どもの不機嫌な言動、口ごたえ、大人の矛盾を鋭く指摘してくる・・・などの態度は、実は、大人の不適切な接し方が引き金となっているケースが意外に多いことをご存じでしょうか。子どもの内面にズケズケと土足で踏み込むような対応を、思春期周辺の子どもは一番嫌います。多くの親御さんは、これまでの経験による自分の推測、思い込みなどで子供を見てしまうので、「今、現在」のお子さんにフォーカスが出来ていないようです。逆に、「目の前のお子さん」が何を伝えようとしているのか、この一点にフォーカスした対応をとることが出来れば、お子さんは意外に素直に対話に応じてくれるものです。

このようないわゆる”難しい時期”の子どもへの接し方の基本は、子どもの一言半句を正確に聞くこと。少ない言葉と言葉をつなぎ合わせ、その真意をしっかりと理解し、適切な言葉、落ち着いた態度で応じることです。親子で充実した夏休みを過ごせるといいですね。

鈴木~鈴木雅幸先生プロフィール~
心理カウンセラー。東京港区で小学校のスクールカウンセラーを3校歴任。現在は子育ての悩みなどの教育相談、子どものカウンセリング、子育て勉強会・ワークショップなどを実施。高校生と中学生の2児の父親でもある。趣味はキャンプ・ジョギング。
■オフィシャルサイト
http://www.counseling-net.com/
ページTOPへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子さん
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵さん
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦さん
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐さん
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る