スクスク親子お悩み相談04 | :スクスクのっぽくんスクスクのっぽくん
心理カウンセラーに聞く!すくすくのっぽお悩み相談室

スクスク親子お悩み相談04

子どもの成長には、ココロの安定、ワクワクが不可欠!

このコーナーでは、鈴木先生が心理カウンセラー、スクールカウンセラーの経験から、お母さんや子どもたちの悩みにお答えします。学校でのこと、心配ごとや悩みごとはありませんか?

「夏休みなのに、友だちと遊ばず一人でいることが多いです。」

学校2年生の男の子がいます。夏休みに入り、周りのお子さんは野球やサッカーチームに参加したり、公園や児童館に集まって元気に遊んだりと、とても活発に過ごされているようです。でもうちの息子は友だちと約束をすることもなく、家で一人、本を読んだりゲームをしたりすることが多い毎日。できればお友だちと元気よく外で遊んでほしいのですが、どうしたらよいでしょうか。

外遊びの機会をあたえ、楽しい記憶を持たせてあげましょう。

外で活発に遊ぶことは、健康増進や身体的な成長にも必要です。また、友だち遊びは人間関係の形成にとっても貴重な経験となります。ですから、多くの親御さんが自分の子どもに「外遊び」「友だち遊び」を願うのは、ある意味当然のことでしょう。

外遊びが好きになるためには、まず、外遊びが楽しいという経験が必要です。小学校2年生であれば、親御さんが一緒に外遊びをしたり、山や海に連れて行ったりして、「外遊び=楽しい思い出(記憶)」にできると、外遊びが好きな子になるでしょう。

こうした経験によって子どもは、外での遊び方も覚えます。お子さんの中で、ゲーム遊びや本も楽しいけれど、外遊びもそれに負けないくらい楽しいとなれば、外遊びにも積極的になるかもしれません。

また、友だち遊びも同様で、友だちと遊ぶことが「楽しい」「面白い」となることが重要です。時にはケンカも起こりますが、ケンカは子どもが人間関係作りを学ぶ絶好の機会で、「折り合う」「関係を修復する」「相手の気持ちを考える」「自己感情をコントロールする」「自己主張や感情表現をする」ための大事な経験ができるのです。それだけでなく、ケンカは「問題解決」「問題発見」などのトラブル処理能力を身につけるためにも、とても良い経験になるのです。ですからケンカを避けたり、すぐに「どちらが悪いか」と謝らせたりしないで、決着を子ども同士でつけさせる時間を与えてあげることも、時には必要です。ちなみに、子どもがいわゆる”親友”と呼べる関係を築けるようになるのは、実は、多くが高校生位の年齢からなのです。同じ兄弟でも、外で友だちと遊ぶのが得意な子と、苦手な子がいる場合もありますが、苦手な子も他の子より時間はかかっても、やがて友だちができ、親友ができたりもします。

小学校2年生であれば、焦ることはありません。特に男の子はどちらかというと、女の子に比べ、成長はゆっくりです。集団行動が取れるようになるのも、一般的には女の子よりも遅いので、焦らずじっくり付き合ってあげて頂きたいと思います。

鈴木~鈴木雅幸先生プロフィール~
心理カウンセラー。東京港区で小学校のスクールカウンセラーを3校歴任。現在は子育ての悩みなどの教育相談、子どものカウンセリング、子育て勉強会・ワークショップなどを実施。高校生と中学生の2児の父親でもある。趣味はキャンプ・ジョギング。
■オフィシャルサイト
http://www.counseling-net.com/
ページTOPへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子さん
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵さん
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦さん
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐さん
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る