子どもが幸せだと感じる環境づくりを:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 瀬古利彦プロフィール

1956年、三重県桑名市生まれ。早稲田大学教育学部在籍中、中村清監督の指導のもと箱根駅伝で2年連続区間新を記録。その後、マラソンでは福岡国際3連覇やボストン、ロンドン、シカゴを制するなど、輝かしい実績を残す。現役時代は国内外のマラソンで戦績15戦10勝。引退後はエスビー食品監督、早稲田大学競走部コーチなどを歴任。2013年4月より、DeNA ランニングクラブの総監督を務めている。

子どもが幸せだと感じる環境づくりを

のっぽくん
では、かつての瀬古さんみたいな「強い子」を育てるには、何が必要だと思いますか?
米田さん
「やっぱり、自然のものを子どもに食べさせることですかね。僕の子どもの頃は、食べ物のほとんどが自給自足でしょう? 例えば、夏になると家で獲れたナスやキュウリ、トマト、スイカを井戸水で1日中冷やしておいて、それを水泳から帰ってきたら食べるんです。 そうすると、野菜の味が濃くて、太陽の匂いもするんですよ。あとは、河原から獲ってきた小魚で母が「田作り」というのを作ってくれるんだけど、それを毎日食べたり。栄養価が高いから、自然と骨や筋肉が強くなっていくんです。」
米田さん
のっぽくん
食事って、やっぱり重要なんですね。
米田さん
「親子の大切なコミュニケーションという意味でも、非常に大切ですよね。子どもというのは、ご飯を通じて人の温もりや愛情を感受する力を育んでいくと思うんです。 自慢じゃないけど、僕は精神的に波がないんですよ。いつでも機嫌がいい(笑)。 そういう部分は、両親との生活から教わった気がしています。ふたりとも、いつも仲が良かったですしね。ケンカしているところなんて、見たことがありませんでしたから。 僕が子どもの頃、いつも幸せな気分でいられましたけど、今考えると、そう思える環境作りをするのが本当の親の役目なのかもしれませんね。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る