「一日一生」という監督の教え:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 瀬古利彦プロフィール

1956年、三重県桑名市生まれ。早稲田大学教育学部在籍中、中村清監督の指導のもと箱根駅伝で2年連続区間新を記録。その後、マラソンでは福岡国際3連覇やボストン、ロンドン、シカゴを制するなど、輝かしい実績を残す。現役時代は国内外のマラソンで戦績15戦10勝。引退後はエスビー食品監督、早稲田大学競走部コーチなどを歴任。2013年4月より、DeNA ランニングクラブの総監督を務めている。

「一日一生」という監督の教え

のっぽくん
実際、その後の瀬古さんは、監督と共に世界的な大会に果敢に挑戦していきますよね。
米田さん
「監督はよく練習中に「お前の今の走りでは、ゴールの数十メートル手前で○○になるから気をつけろよ」といったようなアドバイスを言うんです。それが実際の大会で、本当に当ってしまうんですね。あのときは監督を予言者だと思いました(笑)。 監督の話によれば、選手の目を見ていると、考えていることや体のコンディションが大体わかると言うんですね。そんなことを言われれば「やっぱり、監督ってすごいなぁ」って思うじゃないですか。だから、いっそう監督への信頼が強まったりしていましたよね。」
米田さん
のっぽくん
逆に、監督の指導が厳しくて大変だったということはなかったんですか?
米田さん
「もちろん、ありましたよ。例えば、試合前に両親が下宿先に来たときがあって、そのとき一緒にテレビを見ながら朝食を食べていたんです。すると、1階からドタドタ人が上がってくる音が聞こえてきて、次の瞬間、部屋のふすまを開いて先生が入ってきたんです。 すると、無言でテレビを消して、そのまま部屋を出て行く……。僕も両親も、ポカーン、ですよ(笑)。でも、よく考えてみたら、いくら家族水入らずの状態であっても、作法として食事をしながらテレビを見るのは良くないですよね。 特に監督は「一日一生」という言葉を大事にしていて、「365日いつの瞬間でも無駄にしてはいけない」と言う人でしたから、そういう点はとても厳格でした。とはいえ僕は「この人について行く」と決めていましたから、そこまで大きな問題はなかったように思います。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る