良い方向を向くと、良い仲間が増えていく:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 米田功プロフィール

1977年大阪府出身。7歳から体操をはじめ、中学、高校時代から数々のタイトルを獲得。順天堂大学に進学後、’97年の全日本学生選手権個人総合2位、’98年のNHK杯で個人総合優勝。’99年には全日本学生選手権個人総合優勝、全日本選手権の鉄棒で優勝。2004年のアテネ五輪では日本男子体操団体で金メダル、種目別の鉄棒で銅メダルを獲得。’08年に現役を引退。’12年には米田功体操クラブを設立。’13年徳洲会体操クラブの監督に就任。

良い方向を向くと、良い仲間が増えていく

のっぽくん
そのような価値転換が起きたことで、どのような変化が生まれたのですか?
米田さん
「一生懸命体操に向き合うほど、周りの方々から応援されるようになります。その一方で、周りの方の目が変われば、自分もそれに答えようとしていく。 そんな風にして良い方向を向いていると、自然と良い人が周りに集まってくるんですよ。それは体操の仲間も同じ。集まってくる人は、同じ目的意識を持っていたり、同じ怖さを抱えてたりしている人たちですから、お互いに励ましあい、刺激しあって、切磋琢磨する関係が生まれて行きます。 しかも、同じ意識を持った仲間ができると、悪い方向に自分が流されにくくなるんです。」
米田さん
のっぽくん
そのような流れが、アテネ五輪での金メダル獲得に繋がっていくわけですね。
米田さん
「私にとってアテネは、まさに「はじまり」の瞬間でした。実は、高いところを目指している途中は、周りのサポートに対する感謝があったとしても、自分自身が必死な状態なので、そこまで深く状況を理解できていなかったりするんです。 でもアテネを通じて、サポートされることの大切さや応援のありがたさを本当に理解することができました。その一方で、他のメダリストとの交流だったり、メディアでの露出も増えていきますから、より人の繋がりの大切さを理解したり…。 そう考えると、私の場合は、その場に行って成長して、さらに次の場所に行って成長するということの繰り返しなのかな、と思います。」

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る