日本サイズに終わらない:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 山本郁栄プロフィール

1945年 愛知県生まれ。 日本体育大学に入学と同時にレスリングを始め、7年目の1972年ミュンヘンオリンピックの日本代表となる。 その後、指導者としてクラブチーム、オリンピックコーチに。またアメリカ留学で学んだテーピングを日本に持ち込み、スポーツ医療にも貢献。現在、日本体育大学スポーツ医学研究室教授。

日本サイズに終わらない

のっぽくん
山本美優さん、kid徳郁さん、聖子さん3人を見ていると、人間の器の大きさを感じます。そこには郁栄さんのこだわりが関係しているようですね。
郁栄さん
「このまえkidがインタビューで“小さいときから、父親は、大きいものばかりを与えてくれた”と話していましたが、本当に、すべて巨大なものを与えてきました。
オモチャも巨大なもの。娘たちのぬいぐるみも、徳郁のガンダムも、とにかく、売り場で一番、大きいものを選んで買い与えていました。
それこそレストランも天井が高いところ、とてつもない広いところを選んでいましたし、遊びにいくところも東京タワーや広い海が見渡せる場所などが多かったですね」
のっぽくん
それはどのような理由ですか?
郁栄さん
「私が若いときにアメリカに行った経験からです。日本以外のサイズをみたときに、それだけで圧倒されてしまった。
子供には、日本サイズにこだわらない人間に育って欲しかったし、人間的にも大きくなれるように、常に大きなものを体験させておこうと思ったわけです」
のっぽくん
3人のお子さんに共通するのが、勝っても奢らず、負けても言い訳せずというアスリートとしての人間性。そこに好感を抱くファンも多いようですね。
郁栄さん
「言い訳をするな、ということは小さいときから嫌というほど伝えてきました。負けたときに言い訳したら、その時点で、本当に負けです。“自分はこれが足りなかったから負けたんだ”と、まず考えることが大切。そして、不平、不満があるなら、そのパワーを次の試合にぶつける。それが人間としての器を大きくさせると思っていました」

山本郁栄さん

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る