レスリングの道へ:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 山本郁栄プロフィール

1945年 愛知県生まれ。 日本体育大学に入学と同時にレスリングを始め、7年目の1972年ミュンヘンオリンピックの日本代表となる。 その後、指導者としてクラブチーム、オリンピックコーチに。またアメリカ留学で学んだテーピングを日本に持ち込み、スポーツ医療にも貢献。現在、日本体育大学スポーツ医学研究室教授。

レスリングの道へ

のっぽくん
レスリングの山本一家として名を馳せていますが、子供たちには、小さいときからレスリングをやらせようと思ったのですか?
郁栄さん
「長男の徳郁にはレスリングをやらせたかったので、5歳になったときに、クラブに通わせました。姉の美優は、その送り迎えについてきて、見ているだけではつまらなかったらしく、“パパ、私もやりたい”と、言い出してきたのです。そして、妹の聖子もそう。レスリング一家にするつもりはなかったんですよ」
のっぽくん
美優さん、聖子さんは、レスリングを始める前に、いろんなスポーツをされていたそうですね。
郁栄さん
「本人がやりたいと思うスポーツやお稽古事はすべてやらせましたね。バイオリン、クラシックバレエ、フィギアスケート、柔道、器械体操……。とにかくトライをさせていました。
というのも、小学校高学年(10歳)までは、バランスやタイミング、リズムの取り方などの神経系が飛躍的に発達していきます。そのときまでに遊びやスポーツを通して、神経系統を発達させておくことが大切だと思ったからです。
日本は、外国に比べて、子供のときに神経系統の訓練が少ないんです。ひとつの競技だけを無理やりしたり、身体に負荷のかかる運動をやらせたりするよりも、スポーツの基礎となる神経系を育んだ方が、いいと思いますよ」
のっぽくん
それでも子供3人はレスリングの道を進まれた。それだけ魅力があったのですね?
郁栄さん
「レスリングを子供にやらせてみると、どんな子供でも喜んでやります。基本は取っ組み合いですからね。じゃれ合っている内に、体力や持久力、瞬発力がいつの間にか、ついていく。しかも、人の動きを読んだり、タイミングをはかったりと、神経系統を訓練するにも、とてもいいスポーツです」

山本郁栄さん

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る