結婚そして子供に託す思い:スクスクのっぽくん

プロに聞く! 遊佐雅美プロフィール

1973年 神奈川県生まれ。中学、高校と陸上競技部に所属 東京健康科学専門学校でライフセーバーの道に 1993年 ジャパンサーフカーニバル、ビーチフラッグスで優勝 以来、13連覇中。国内では無敵 海外では94、96、00年の世界選手権(2年に一度開催)で3度の優勝 またライフセービングの本場でレベルの高い96年全豪選手権でも優勝 現在、西浜ライフセービングクラブに所属し、毎夏、ライフセーバーとしてビーチの監視、指導をしている 身長156cm、体重50kg 著書に『遊佐雅美のスイミング・マスター』(日本文芸社) 06年2月、オーストラリアで行われる『Rescue06世界選手権』では、前人未到の4度目の優勝を目指す *ビーチフラッグスとは? 海での人命救助に必要な技術を、より高めていこうと開催されているのがライフセービング競技会。ビーチフラッグスは21競技ある公式種目のなかでもとくに人気の高い競技。後ろ向きにうつ伏せになった選手が、20m離れた地点にあるホースチューブ(競技者より少ない本数)を取り合う。いち早く溺れた人にたどり着けるかを競う目的ではじめられた。

結婚そして子供に託す思い

のっぽくん
昨年、ご結婚されたそうですね。競技者としてはどのように影響してくるでしょうか?
とき子さん
「“もう結婚したんだから、辞めれば”と話しているんですよ。食事を作ったり、家事をしたりと、いろいろ大変でしょう。
でも本人は、夫にも助けてもらっていることもあり、まだまだ続けていきたいみたいですね。
現在、全日本選手権では13連覇をしていますが、とにかく、“負けて辞めたくない”とは話しています。
年齢的なことも、これから出てくるかもしれません。せめて、実家にいるときは、“オフ”でいいので、リラックスしてもらえればと思っています。」
のっぽくん
雅美さんの夢を聞いたことがありますか?
とき子さん
「06年に行われる世界選手権で優勝することも、ひとつの大きな目標でしょう。しかし、雅美の頭に常にあるのは、最高の競技者が最高の救助者だということ。競技で勝つことよりも、海での事故がなくなることの方が、大事なのでしょう。
さらに子供ができたら、ライフセーバーに育ててみたいようです。なんでも海で学んだことを子供に伝えたいと話していました。
またライフセーバーは、本場、オーストラリアでは、子供がなりたい職業のベスト3に入るくらい人気だです。日本でもそうなったらいいと思っているでしょうね。」

遊佐雅美さん

インタビュー目次

おすすめインタビューBEST5

「プロに聞く!」インタビュー記事一覧に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    坂本博美
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 医師(小児科)
    医師(小児科)
    湯田貴江
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
  • 心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    心理カウンセラー・講師・スーパーバイザー
    鈴木雅幸
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    児玉達郎
  • 薬剤師・薬学博士
    薬剤師
    笹尾真波
  • 心理カウンセラー
    心理カウンセラー
    半田先生
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る