チョコレートは何歳から食べさせてもいいの?幼児期の食事相談:スクスクのっぽくん
 »  » チョコレートは何歳から食べさせてもいいの?幼児期の食事相談
幼児期応援プログラム

チョコレートは何歳から食べさせてもいいの?幼児期の食事相談

乳児・幼児期の食事で悩んだら…管理栄養士からのアドバイス

3歳を過ぎてから与えることをおすすめします

甘くておいしいチョコレートはおやつのなかでも人気のあるものではないでしょうか。

チョコレートはもともと「カカオ豆」から作られていますが、そのままでは苦みが大きいので食べやすくするために砂糖、全粉乳、カカオバター等をプラスしています。

大人の間食として食べられるチョコレートには70%や80%以上のビターなものも好まれますが、子供向けのおやつとなるとカカオの割合は40%前後のものが多くなっていますので、残りの60%ほどは砂糖などが使用されていることになります。

そのため、チョコレートの多くは糖質や脂質が多く、食べ過ぎには十分に注意が必要です。砂糖の摂り過ぎは虫歯の原因に、脂質の摂り過ぎは肥満の原因にもなります。

また、甘いものは美味しいと感じられ、ついつい食べ過ぎてしまう可能性もあります。あくまでも3食の食事を基本としてきちんと食べるためにも「おやつ」でおなか一杯にならないように注意しましょう。

これらのことを踏まえ、1歳になるまではチョコレートは控え、できれば3歳を過ぎたころか与えることをおすすめします。

市販のチョコレート菓子の中には大豆由来のものや乳、そのたアレルゲンとなるものも含まれますので、3歳を過ぎて与える際にも表示をしっかりと確認して普段のおやつとしてではなく、特別な日に少量与えるようにしましょう。

管理栄養士磯村優貴恵 プロフィール

大手ダイエット専門のエステサロンにて、食事指導を通してお客様の体を内側・外側の両面からサポート。 その後、和食やカフェのキッチンスタッフとして約3年間の料理修行を行う。特定保健指導を経て、現在は、子供から大人まで家族みんながおいしく食べられて健康になれるよう、レシピ・商品開発や執筆など幅広く活動中。 資格:管理栄養士、フードコーディネーター、薬膳インストラクター、健康食育ジュニアマスター

←幼児期応援プログラムトップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る