【1歳の食べ物】はちみつを食べさせてはいけないって本当?:スクスクのっぽくん
 »  » 【1歳の食べ物】はちみつを食べさせてはいけないって本当?
幼児期応援プログラム

【1歳の食べ物】はちみつを食べさせてはいけないって本当?

1歳児の食事で悩んだら…管理栄養士からのアドバイス

優しい甘さと豊富な栄養分で体に良いイメージの多いはちみつ。身体に良いものとなれば、赤ちゃんにもつい与えたくなりますが、はちみつを与える際には注意が必要となります。

基本としては1歳未満の子供には与えてはいけない食品となっています。それは、はちみつに含まれていることの多い「ボツリヌス菌」の存在です。

ボツリヌス菌とは

ボツリヌス菌は本来海や川、湖の泥や砂の中に存在しています。菌の特徴としては空気を嫌い、低酸素で生きていける「嫌気性」であることと、熱に強いという特徴がありその毒素も自然界の中では最強と言われています。

1歳未満の子どもがボツリヌス菌に感染し、症状が出ることを「乳児ボツリヌス症」と言います。

1歳未満の子どもは、まだ離乳食を完了していないことからもわかるように、胃腸の機能が未熟な状態ですので、ボツリヌス菌を摂取すると腸管内で菌が増殖しやすい状態となります。

増殖した菌から毒素が産生されて症状が出るため、摂取してから症状が出るまでに間が空くことがあります。症状としては腸管の機能が弱くなることで便秘が続き、全身の筋力が低下することで哺乳力が弱くなったり、泣き声が小さくなったりといった状態になります。

はちみつを摂取させてしまったかもしれない・・・と思った際はすぐに病院に連れていき、数日間は子どもの体調に変化がないかチェックをしましょう。

たいていの菌は加熱をすれば死滅する、と思われがちですが、ボツリヌス菌に関しては熱に強いという特徴があり、その温度は100度で6時間以上とも言われていますので、加熱をしたとしても1歳未満の子供には与えないように注意をしましょう。1歳を過ぎると腸の機能もしっかりと発達していますので、ボツリヌス菌に容易に感染することはありません。

そのためお母さんがはちみつを摂取したとしても血液に混ざって母乳から赤ちゃんへ感染する・・・といったこともありません。

ただし、はちみつを触った手をよく洗わずに子どもに触る場合は少量でも摂取をしてしまう可能性があるために注意が必要です。

甘いパンやお菓子の原料にも注意を

1歳というと、離乳食も後期に入り、様々なものを食べられるようになります。子どもが好きな甘いパンやお菓子の中には、はちみつを使用しているものも多くありますので、1歳未満の子どもに与える際は原材料表示をみて「はちみつ」の記載がないことを確認しましょう。

また、普段食べているお肉料理など煮込み料理にも「照り」や「コク」を出すために、はちみつを使用することがありますので、少なくとも1歳を過ぎるまでは注意をしておきましょう。

管理栄養士磯村優貴恵 プロフィール

大手ダイエット専門のエステサロンにて、食事指導を通してお客様の体を内側・外側の両面からサポート。 その後、和食やカフェのキッチンスタッフとして約3年間の料理修行を行う。特定保健指導を経て、現在は、子供から大人まで家族みんながおいしく食べられて健康になれるよう、レシピ・商品開発や執筆など幅広く活動中。 資格:管理栄養士、フードコーディネーター、薬膳インストラクター、健康食育ジュニアマスター

←幼児期応援プログラムトップ

このカテゴリーの最新記事を見る

よく閲覧されている記事

幼児の心とカラダ カテゴリー一覧

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る