「愛情遮断症候群」と「身長」の関係は?:スクスクのっぽくん
 >   >   >  「愛情遮断症候群」と「身長」の関係は?
身長が伸びる仕組みを徹底検証!

「成長期に伸びる仕組み」を中心に、「成長と栄養」の関係、「成長と睡眠の関係」などなど、
スクスクのっぽくんに寄せられるご質問を紹介します。

「愛情遮断症候群」と「身長」の関係は?

近年、愛情を感じずに育った子供が、ストレスによる「愛情遮断症候群」になってしまい「発育が遅れ身長が伸びない」という事があると聞きます。

「愛情」が不足して育つと、子供の心に大きな傷を残すだけでなく、「身体発育」が遅れることが知られています。

お子様が「お母さまを中心とする保護者からの愛情」を十分に感じられずに育ってしまった場合、「ストレス」、「精神不安」から「身長や体重などの、身体的な発達の遅れ」、「成長の阻害」が起こる「愛情遮断症候群(あいじょうしゃだんしょうこうぐん)」に陥る可能性があるのです

「愛情遮断症候群」は、主に「乳幼児から6歳児くらい」のお子様に見られますが、常に強いストレスや不安を感じることによる「睡眠障害」、それに伴う「成長ホルモン」の分泌不足などを引き起こし、「身体の成長の遅れ」に繋がるケースがあります。

※こちらの記事もあわせてお読みください。
愛情に関するQ&A:子供への愛情と身長の関係


また、近年で特徴的なのは「特に親と離れ離れになる環境ではない」にも関わらず、 「母親の愛情」が欠乏した生活状況の結果、この「愛情遮断症候群」になってしまうお子様も増えてきているようです。

共働き家庭が半数以上を占めるようになった現代社会では、子育ての状況も大きく変わり「愛情をかけたくてもかけられない」という状況も中にはあるかと思います。

もちろん「愛情遮断症候群」と診断された場合は、引き続き、小児科医や保健師へご相談され、治療を行うことが大切ですが「ストレスが多い環境」、また「大きく愛情が不足した環境」で育った場合でも、そこから「ストレスがなるべく少ない環境」、そしてなによりも「しっかりとした愛情」をもって「再び愛情をかけて育ててあげる」ことは、愛情遮断症候群によって生じた様々な症状を改善し、「お子様の成長の遅れを取り戻すこと」に繋がります。

お子様の身長をはじめとする成長の遅れ、また心身的な発達にも影響を与えてしまわない様、愛情は十分に与えてあげてあげることが大切ですが、もし、仮にお母さまが十分な愛情を与える事が難しい場合、お父さま、また親族、まわりの方々にも助けを求め、お子様の未来のために惜しみないサポートをしてあげることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
私たちがサポートしています!
成長・発達の専門家
  • 医学博士
    医学博士
    小川登志子
  • 管理栄養士
    管理栄養士
    磯村優貴恵
  • 睡眠改善インストラクター
    睡眠改善
    インストラクター

    鈴木伸彦
  • パーソナルトレーナー
    パーソナルトレーナー
    小澤康祐
  • 熱中症対策アドバイザー
    熱中症対策アドバイザー
    岸本強資
  • 医師(内科医)
    医師(内科医)
    成田亜希子
  • 保健師・看護師
    保健師・看護師
    宮下梨沙
  • 歯科医師
    歯科医師
    浦岡有里
お話を伺った方々
  • 岩崎恭子さん
    オリンピック金メダリスト
    岩崎恭子さん
  • 宮間あやさん
    サッカー日本女子代表
    宮間あやさん
  • 佐藤弘道さん
    体操のお兄さん
    佐藤弘道さん
  • 杉山芙沙子さん
    杉山愛の母
    杉山芙沙子さん
  • 小錦八十吉さん
    元大関
    小錦八十吉さん
  • 福西崇史さん
    サッカーW杯日本代表
    福西崇史さん
  • 宮崎大輔さん
    ハンドボール全日本代表
    宮崎大輔さん
  • 俵万智さん
    歌人
    俵万智さん

トップに戻る